OAuth 2 ポリシー

Anypoint Platform では、OAuth ソリューションをサーバ側 (HTTP コネクタや Salesforce コネクタを設定して、OAuth で保護されたサーバにアクセスするなど) とクライアント側 (OAuth 2.0 ポリシーを適用し、独自の OAuth プロバイダを通じてクライアントアプリケーションからの認証を適用するなど) の両方で操作できます。

次の OAuth プロバイダとポリシーのペアを使用できます。

プロバイダ ポリシー名

PingFederate

PingFederate OAuth トークン適用

OpenAM

OpenAM OAuth トークン適用

動的クライアント登録に準拠する ID プロバイダ

OpenID Connect アクセストークン適用

Mule OAuth 2.0

OAuth 2.0 アクセストークン適用

動的クライアント登録に準拠する ID プロバイダは、『OpenID Connect Dynamic Client Registration 1.0 incorporating errata set 1 (OpenID Connect 動的クライアント登録 1.0 の組み込みの正誤表セット 1)』に準拠している必要があります。

OAuth 2.0 ポリシーを適用する API は、Mule OAuth 2.0 プロバイダを使用する HTTPS 通信をサポートしています。プロバイダは、OAuth 2.0 ログイン情報の有効性を検証します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub