ポリシーの並び替え

この手順では、Anypoint Platform によって提供されたポリシーを並び替えます。ただし、CORS、調整、レート制限ポリシーは例外です。これらのポリシーの優先順位は最も高くなっています。これらのポリシーを適用すると、他のポリシーをそれより高いレベルに設定することはできません。

カスタムポリシーのポリシー実行順序を設定するには、policy タグ、before ブロック、after ブロックのいずれかを設定します。

  1. Anypoint Platform で [API Manager] をクリックし、[API Administration (API 管理)] で API バージョンをクリックします。

  2. API バージョンの詳細ページで、[Policies (ポリシー)] を選択します。

  3. 適用済みポリシーのリストの最上部で、[Edit Policy Order (ポリシー順序を編集)] をクリックして優先度を変更します。

  4. [Reorder Applied Policies (適用済みポリシーの並び替え)] で、上矢印と下矢印を使用して、ポリシーの順序を再編成します。
    たとえば、レート制限、IP ホワイトリスト、XML 脅威保護を適用する場合、レート制限は他のポリシーよりも優先されるため、IP ホワイトリストポリシーと XML 脅威保護ポリシーのみを並び替えることができます。

  5. [Apply order (順序を適用)] をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub