カスタムポリシーのリソースレベルのサポートの有効化

カスタムポリシーのリソースレベルのサポートを有効にするには、Mule 3.8.1 以降で、既存のカスタムポリシーの設定ファイルと定義ファイルにそれぞれ YAML コードと XML コードを追加して、リソースレベルのポリシーをサポートします。

  1. XML 定義ファイルで、標準ポイントカット定義を次のように変更します。

    変更前

    <pointcut>
      <api-platform-gw:api-pointcut apiName="{{apiName}}" apiVersion="{{apiVersionName}}"/>
    </pointcut>

    変更後

    {{#pointcutData.length}}
      {{#pointcutData}}
        <pointcut>
          <api-platform-gw:api-pointcut apiName="{{apiName}}" apiVersion="{{apiVersionName}}"/>
          <resource methodRegex="{{methodRegex}}" uriTemplateRegex="{{uriTemplateRegex}}"/>
        </pointcut>
      {{/pointcutData}}
    {{/pointcutData.length}}
    {{^pointcutData.length}}
      <pointcut>
        <api-platform-gw:api-pointcut apiName="{{apiName}}" apiVersion="{{apiVersionName}}"/>
      </pointcut>
    {{/pointcutData.length}}
  2. YAML ファイルに次のキー/値ペアを追加します。

    resourceLevelSupported: true

  3. Anypoint Platform で、[API Manager] をクリックします。

  4. [API Administration (API 管理)] で、[Custom policies (カスタムポリシー)] を選択します。

  5. [Add Custom Policy (カスタムポリシーを追加)] をクリックします。

  6. [Add Custom Policy (カスタムポリシーを追加)] で、新しいポリシーに名前 (「myResourceLevelPolicy」など) を付けます。

  7. 作成またはダウンロードした YAML ファイルと XML ファイルを参照して選択します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub