ポリシーの適用

API Manager を使用して非公開サーバでポリシーを適用したり、Anypoint Platform エージェントを使用してポリシーを API ゲートウェイランタイムまたは Mule 3.8.0 以降にダウンロードしたりできます。ポリシーはランタイムまたはポリシーフォルダに保存されます。各ランタイムは、API Manager アカウントのクライアント ID とクライアントシークレットで設定されます。これで、Anypoint Platform エージェントと Anypoint Platform アカウント間の接続が定義されます。

前提条件

ポリシーを追加、削除、または適用する前に、次を確認してください。 * 組織のシステム管理者または API バージョン所有者ロール * API URL

+ API URL を設定するには、API バージョンの詳細ページの [Status (状況)] に移動して [Configure Endpoint (エンドポイントの設定)] をクリックし、実装 URI を設定します。

レート制限および調整ポリシーを使用する場合は、Jetty ではなく HTTP エンドポイント使用します。Jetty トランスポートの制限により、レート制限および調整ポリシーは、Jetty インバウンドエンドポイントを使用する API では機能しません。

ポリシーの適用と削除

API バージョンの API URL を設定すると、[Applications (アプリケーション)]、[Policies (ポリシー)]、[SLA Tiers (SLA 層)] のコントロールを使用できるようになります。[Apply New Policy (新規ポリシーを追加)] をクリックすると、MuleSoft によって提供されたポリシーと組織によって追加されたカスタムポリシーのリストが表示されます。

要件を満たす別のポリシーがすでに適用されている場合、または現在のポリシーを適用するための前提条件として別のポリシーが必要な場合、[Apply (適用)] ボタンは無効です。

ポリシーの順序付け

次のいずれかのリリースを使用している場合、ポリシーが実行される順序を設定できます。

  • Studio 6.0 以降で作成。自動検出が有効の Anypoint Platform にデプロイされている。

  • Mule 3.8 統一ランタイム以降

  • API ゲートウェイランタイム 2.2.0 以降

ポリシーのデフォルトの適用順序

API バージョンの詳細ページで [Policies (ポリシー)] を選択し、[>] をクリックしてポリシーのコントロールを展開すると、ポリシーのデフォルトの順序が表示されます。順序が設定されていないカスタムポリシーは、Mule によって提供されたポリシーの後に実行されます。

ポリシーログ

ログはポリシーのアクティビティを維持します。次のログにはポリシーの順序が表示されます。

INFO  2015-09-28 15:37:54,214 [[leagues-rest].​httpListenerConfig.worker.01] org.mule.api.processor.LoggerMessageProcessor: POLICY A
INFO  2015-09-28 15:37:54,214 [[leagues-rest].​httpListenerConfig.worker.01] org.mule.api.processor.LoggerMessageProcessor: POLICY B

ポリシー関連の通知

組織所有者がポリシーの適用順序を定義すると、既存の API 所有者が自分の API にポリシーを設定してある場合は、競合が発生することがあります。競合が発生した場合、API Manager は双方に通知します。API 所有者は、ポリシーを更新して競合を解決する必要があります。

ポリシーのポーリング時間

ポリシーのポーリング時間は 60 秒です。UI でポリシーを適用してからポリシーが有効になるまで、最小で 60 秒の遅延が発生します。ポリシーの順序を無効化、編集、または変更した場合でも同じ遅延が発生します。

コントラクトのポーリング時間

コントラクトのポーリング時間は 15 秒です。UI でコントラクトを適用してからコントラクトが有効になるまで、最小で 15 秒の遅延が発生します。コントラクトの状況を変更した場合でも同じ遅延が発生します。

ポリシーの APIkit コンソールの設定

ポリシーは、API とコンソールの両方または API のみに適用できます。

コンソールの設定によって、RAML ベースの自動生成プロキシの設定方法が決まります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub