[Request Access (アクセス権の要求)] ボタンの表示の有効化

このトピックには Exchange 管理者ロールが必要です。

ユーザは [Request Access (アクセス権の要求)] ボタン ボタン - アクセス権の要求 をクリックして、API にアクセスできるアプリケーションを指定します。

Exchange 管理者の場合、[More Options (その他のオプション)] メニュー その他のオプションアイコン に [Request Access (アクセス権の要求)] ボタンが表示されます。

ただし、API アセットを作成しただけでは [Request Access (アクセス権の要求)] ボタンは表示されません。 最初にアセットを設定する必要があります。

  1. API Manager で、[Manage API (API を管理)] > [Manage API from Exchange (Exchange から API を管理)] をクリックし、API を開きます。

  2. API Manager の実装 URI として、Exchange の API アセットの URL を使用します。

  3. API Manager で API を開いたら、API インスタンス ID 値や他の有益な情報を表示できます。

  4. Exchange に戻るには、[View API in Exchange (Exchange で API を表示)] をクリックします。

  5. Exchange で、[Request Access (アクセス権の要求)] ボタンが 3 つのドットのメニュー内に表示されます。

注意: API Manager では、API の [Status (状況)] は [Unregistered (未登録)] としてマークされます。API を登録するには、API を Runtime Manager にデプロイします。ただし、API を Exchange で使用可能にするために API の [Status (状況)] を [Registered (登録済み)] に変更する必要はありません。

[Request Access (アクセス権の要求)] の表示条件

公開ポータルで [Request Access (アクセス権の要求)] ボタンを表示するには、次が必要になります。

  • Exchange でパブリッシュされた REST、SOAP、または HTTP API。REST API は OAS または RAML API 仕様のいずれかです。

  • API Manager で API を使用して作成されたインスタンス。

  • [API Instances (API インスタンス)] リンクでインスタンスを公開として設定。

  • 存在しない場合、[API Instances (API インスタンス)] でインスタンスの URL を設定。

関連情報

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub