カスタムダッシュボードとしての組み込みダッシュボードの保存

カスタムダッシュボードの作成を簡単にするために、Anypoint Monitoring のタブに含まれる組み込みダッシュボードをカスタムダッシュボードとして保存し、ニーズに合わせてカスタマイズできます。これにより、トラブルシューティング、アラートのセットアップ、ダッシュボード内の複数リソースの比較など、提供されている柔軟性と機能をカスタムダッシュボードで利用できます。

この機能には、​Titanium サブスクリプションが必要です。

組み込みダッシュボードをカスタムダッシュボードとして保存するには、次の手順に従います。

  1. Anypoint Platform にサインインします。

  2. [Anypoint Monitoring]​ で、左のメニューから ​[Built-in dashboards (組み込みダッシュボード)]​ をクリックします。

  3. 保存する組み込みダッシュボードのタブをクリックします (​[Performance (パフォーマンス)]​ など)。

  4. [Save as (別名で保存)]​ アイコンをクリックします。

  5. [Save as (別名で保存)]​ ダイアログで、​​[Name (名前)]​ にカスタムダッシュボードの名前を入力し、​​[Save (保存)]​ をクリックします。

    新しいカスタムダッシュボードの名前は一意にする必要があります。

緑の確認バナーが画面上部に表示されます。 . 緑の確認バナー内の ​[View in custom dashboards (カスタムダッシュボードで表示)]​ リンクをクリックすると、新しいカスタムダッシュボードが入力した名前でカスタムダッシュボードのリストに表示されます。
バナーはしばらくすると消えます。バナーのリンクをクリックしなかった場合、左側のメニューで ​[Custom dashboards (カスタムダッシュボード)]​ クリックすると、カスタムダッシュボードのリストが表示されます。
これで、カスタムダッシュボードを設定できるようになりました。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub