アクセス管理をトラブルシューティングする

以下の問題が発生した場合の対策について、ヒントを紹介します。

Anypoint Platform へのアクセスに関する問題

サインインログイン情報が認識されない

Anypoint Platform にサインインしようとしたときにログイン情報が認識されない場合、以下をお試しください。

  • 正しい URL を使用して組織にサインインしていることを確認します。
    組織が外部 ID 管理システムを使用している場合、ログイン URL は ​anypoint.mulesoft.com/accounts/login/yourOrganizationDomain​ です。

  • アカウントの正しいユーザ名およびパスワードを使用していることを確認します。

  • 組織が外部 ID 管理システムを使用しておらず、サインインログイン情報が機能しない場合は、パスワードをリセットするか、アカウントがまだ有効であるか組織のシステム管理者に確認してください。

アクセス管理の招待リンクがエラーを返す

招待のリンクをクリックしてエラーが返される場合、招待の有効期限が切れているか、取り消されていることが考えられます。組織のシステム管理者に連絡して、新たに招待するよう依頼してください。

OpenID Connect クライアント管理

クライアントアプリケーションを更新しようとしたときにエラーが発生する

OpenID Connect 管理でクライアントアプリケーションを更新しようとしたときに ​There was an error while talking to CoreServices​ が発生するのは、このインテグレーションを通じて作成されたクライアントの更新が現在はサポートされていないためです。

リダイレクトを実行したときにエラーが発生する

OpenID Connect プロバイダへのリダイレクトが行われると、​Invalid Scopes error​ が発生します。

原因: この問題は、​openid​、​profile​、​email​ スコープが自動登録クライアントによってサポートされていないと起こる場合があります。

解決策: ​openid​、​profile​、​email​ スコープを手動でクライアントに追加します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub