トークナイゼーション権限の付与

組織の管理者は、アクセス管理を使用してユーザに管理権限を付与できます。

トークナイゼーション権限

ユーザがトークナイゼーション形式とサービスを作成および管理するには、定義済みの一連の権限が必要です。

名前 説明

Manage Tokenization Formats (トークナイゼーション形式の管理)

特定の環境のトークナイゼーションサービスで使用するトークナイゼーション形式を作成、変更、および削除できます。

Manage Tokenization Services (トークナイゼーションサービスの管理)

特定の環境でトークナイゼーションサービスを作成およびデプロイしたり、トークナイゼーションサービスを変更および削除したりできます。

ユーザにトークナイゼーション権限を付与する

  1. [Access Management (アクセス管理)] ページで、左ナビゲーションメニューに移動して [Users (ユーザ)]​ をクリックします。

  2. ユーザに権限を付与するには、ユーザの名前をクリックします。

  3. [Permissions (権限)]​ タブで、[Tokenization (トークナイゼーション)]​ をクリックします。

  4. [Permissions (権限)]​ メニューから [Manage Tokenization Formats (トークナイゼーション形式の管理)]​ を選択して、青色の「プラス」アイコン blue plus security をクリックします。

  5. [Environment (環境)] メニューから環境を選択し、[Permissions (権限)] メニューから [Manage Tokenization Services (トークナイゼーションサービスの管理)]​ を選択して、青色の「プラス」アイコン blue plus security をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!