Anypoint Security

Anypoint Security は、多層的アプローチでアプリケーションネットワークを保護します。これらのレイヤは連携し、API へのアクセスを制御したり、ポリシーを適用したり、すべてのインバウンドトラフィックまたはアウトバウンドトラフィックをプロキシしたりして、アプリケーションネットワークとネットワークの個々のノードの両方を保護します。これにより、外部の脅威や攻撃が軽減されます。
Anypoint Security には、ネットワーク実装に高い負荷をかけずに攻撃を検出してトラフィックを検証する専用のエンドポイントが用意されています。

index 1c19d

ポリシー

Anypoint Security の特徴として、Runtime Fabric にデプロイされているすべてのノードにポリシーを適用する、パフォーマンス、信頼性、拡張性の高いサービスが挙げられます。
その後、Anypoint Security ポリシーは、すべてのトラフィックが通過するデフォルトのファイアウォール/ルータ機能として動作します。

シークレットマネージャ

Anypoint Security には、デプロイメントで使用される TLS 証明書とキーストアを保存するセキュアコンテナが用意されています。
シークレットマネージャを使用すれば、Runtime Fabric へのインバウンドトラフィックを暗号化する TLS コンテキストをセットアップするために必要なシークレットを保存できます。

トークナイゼーションサービス

Anypoint Security のトークナイゼーションサービスでは、クレジットカード番号などのキー値をトークンに置き換えて機密データの不必要な漏洩を保護します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub