トークナイゼーション形式の作成、更新、削除

トークナイゼーション形式により、受信データの変換方法が定義されます。トークナイゼーション形式を定義する場合、トークンが元のデータの形式と一致していることを確認します。たとえば、クレジットカード形式を使用する場合、その形式で定義される桁数と元のクレジットカードの桁数が一致している必要があります。

サポートされているトークナイゼーション形式についての詳細は、​「トークナイゼーション形式」​を参照してください。

トークナイゼーション形式を作成する

  1. Anypoint Platform にサインインします。

  2. [Management Center]​ で、​[Anypoint Security]​ をクリックします。

  3. 左側のメニューで、​[Tokenization Format (トークナイゼーション形式)]​ をクリックします。

  4. [Create Format (形式を作成)]​ をクリックします。

  5. [Create Format (形式を作成)]​ ダイアログボックスで、次の情報を入力します。

    • Name (名前)​: トークナイゼーション形式の名前。

    • Description (説明)​: 必要に応じて、トークナイゼーション形式の簡単な説明を入力する。

    • Data Domain (データドメイン)​: データドメインを選択すると、設定オプションが表示されます。オプションは、選択したデータドメインの種別によって異なります。サポートされているデータドメインと設定オプションについては、​「トークナイゼーション形式」​を参照してください。

  6. [Save (保存)]​ をクリックします。

tokenization example format

トークナイゼーション形式を更新する

いつでも形式を更新できます。

  1. Anypoint Security の左側のメニューで ​[Tokenization Formats (トークナイゼーション形式)]​ をクリックします。

  2. リストから、更新するトークナイゼーション形式をクリックします。

  3. 変更を加えて ​[Save (保存)]​ をクリックします。

トークナイゼーション形式を削除する

トークナイゼーション形式を削除する前に、使用中でないことを確認します。

  1. Anypoint Security の左側のメニューで ​[Tokenization Formats (トークナイゼーション形式)]​ をクリックします。

  2. リストから、削除するトークナイゼーション形式をクリックします。

  3. 右上隅にある ​[Delete (削除)]​ をクリックします。

  4. [Confirm Delete (削除を確認)]​ 確認ダイアログで、​[Delete (削除)]​ をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!