シークレットマネージャ権限

組織の管理者は、[Access Management (アクセス管理)] からユーザにこれらの権限を付与できます。

ユーザ権限

ユーザがシークレットマネージャを操作するには、定義済みの一連の権限が必要です。

Name (名前) 説明

Write secrets (シークレットの作成)

特定の環境でシークレットをアップロード、作成、および変更できます。

Read secrets metadata (シークレットメタデータの読み取り)

特定の環境でシークレットのメタデータをの参照と読み取りを行うことができます。

Grant access to secrets (シークレットへのアクセス権の付与)

特定の環境でメタデータの参照と読み取りを行い、シークレットへのアクセス権を付与できます。

Manage secret groups (シークレットグループの管理)

特定の環境でシークレットグループを作成、変更、および削除できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub