トークナイゼーションサービスの設定

トークナイゼーションサービスの設定および使用方法は、Mule 実装によって異なります。

API ゲートウェイへのトークナイゼーションポリシーの適用

トークナイゼーションポリシーを適用して Mule 4 の API ゲートウェイ機能を設定し、Anypoint Runtime Fabric インバウンドロードバランサと Mule アプリケーションの間で送信される要求データと応答データをトークナイズまたはデトークナイズできます。

トークナイゼーションをサービスとして Mule アプリケーションに公開

追加のデータ処理が必要な場合、Mule アプリケーションでビジネスロジックを追加し、処理の一部としてトークナイゼーション要求とデトークナイゼーション要求をトークナイゼーションサービスに直接送信できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!