MuleSoft 接続エコシステムの API 仕様

独立系ソフトウェアベンダ (ISV) であれば、REST API 仕様からコネクタを自動的に生成することで、MuleSoft 接続エコシステムに参加できます。以下の手順では、API 仕様を Anypoint Platform で準備して、MuleSoft BD カウンターパートで残りの作業を行う方法を説明します。

  1. Anypoint Platform で、次の手順で API 仕様を準備します。

    1. Anypoint Platform にサインアップします。

    2. Anypoint Platform にログインし、​[Design Center] をクリックします。

    3. 右上隅にある [+Create (+作成)] をクリックして [API Specification (API 仕様)]​を選択して、新しい API 仕様プロジェクトを作成します。

    4. [New API Specification (新しい API 仕様)]​ダイアログで、プロジェクト名を指定し、​[Start with API Designer (API Designer を使用開始)] を選択して、​[Create (作成)]​をクリックします。

    5. 画面の左側で、ファイルリストの一番上にあるアクションメニュー (3 つのドットのアイコン) をクリックして、​[Import (インポート)]​を選択します。

      • RAML 0.8 または 1.0 のファイルをインポートする場合は、​ [File or ZIP (ファイルまたは ZIP)] または [URL] を選択します。

      • Swagger/OAS 2.0 ファイルをインポートする場合は、​ [File or ZIP (ファイルまたは ZIP)] または [OAS URL] を選択します。

    6. インポート後に、API をテストして期待どおりに動作することを確認します。

      1. 画面の右上隅でモッキングサービスをオンにします。

      2. ファイルリストから自分の API 仕様を選択します。

      3. 画面の右側にある [API summary (API の概要)] で、自分のリソース用のメソッドが表示されるまで [Resources (リソース)] エントリを展開します。

      4. いずれかのメソッドをクリックします。

      5. メソッドの情報を確認します。

      6. [Try It (試す)] をクリックします。

      7. エンドポイントでパラメータが必要な場合は値を指定します。

      8. [Send (送信)] をクリックします。

    画面の右側の [Send (送信)] ボタンの下にテストの結果が表示されます。

  2. API 仕様の準備ができたら、GitHub や Bitbucket などの Git 互換リポジトリに保存します。

  3. MuleSoft BD カウンターパートにアクセスして以下の手順を実行します。

    1. テクノロジパートナー契約 (MuleSoft BD カウンターパートが提供します) に同意します。

    2. Anypoint Platform のトライアル期限の延長を申し込みます。

    3. 接続アセット用のセルフサービス認定ツールである Connectivity Assets Manager ツールへの招待を申し込み、その招待に基づいて新しい Anypoint Platform アカウントを作成します。

    4. MuleSoft があなたの API の概要と Anypoint Platform での動作を理解するための短いデモを予定します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub