カテゴリの管理

Exchange 管理者と組織の所有者は、Exchange アセットタイプをグループ化するカテゴリを作成できます。 カテゴリを使用すると、ユーザはアセットを異なるグループに分類し、アセットの参照と検出を向上させることができます。

たとえば、使用可能な値 ​System API​、​Experience API​、および ​Integration API​ を含む [API Type (API タイプ)] というカテゴリは、 REST API、SOAP API、および HTTP API タイプのアセットに適用されます。

ex categories api type

注意:​ 組織のアセットで [Add Category (カテゴリを追加)] プロンプトを表示するには、 [Settings (設定)] ページで 1 つ以上のカテゴリを定義する必要があります。

カテゴリを作成する

  1. Anypoint Exchange で、[Login (ログイン)] をクリックして組織にログインします。

  2. 左側のナビゲーション領域で、[Settings (設定)] をクリックします。

  3. [Add New Category (新規カテゴリを追加)] をクリックします。

  4. カテゴリ名を指定します。各カテゴリ名は一意である必要があります。

  5. 1 つ以上の値を指定します。各カテゴリには値が必要です。

  6. Return/Enter キーを押すか値の横にあるプラス記号をクリックし、値を確認します。

    ex category value

    注意: プラス記号をクリックしない場合、カテゴリを示すチェックマークは 無効になります。

  7. カテゴリに対応するアセットタイプを選択します。

  8. チェックマークをクリックしてカテゴリを有効にします。

カテゴリを適用する

  1. 組織でアセットをクリックします。

  2. 右側の詳細メニューの [Categories (カテゴリ)] で、[Add Category (カテゴリを追加)] をクリックし、ドロップダウンメニューからカテゴリと値を選択します。

カテゴリを使用して検索する

Exchange の検索項目で、​category:​ 検索語とカテゴリ値を指定してアセットをリストします。

たとえば、[API Type (API タイプ)] のアセットを見つけるには、​category:"API Type" = "System API"​ を検索します。

異なるカテゴリの組み合わせを検索できますが、同じカテゴリの複数の値は検索できません。複数の検索語には暗黙的な AND を使用します。OR はサポートされていません。

次の検索語は、System API と Salesforce 製品の両方としてマークされたすべてのアセットを返します。

category:"API Type" = "System API" category:"Product" = "Salesforce"

カテゴリの変更または削除

カテゴリを個々のアセットレベルで削除できます。この場合、そのアセットからのみカテゴリが削除されます。 カテゴリは [Settings (設定)] のグローバルレベルでも削除できますが、この場合はすべてのアセットからカテゴリが削除されます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub