暗号化モジュールについて

このモジュールは、Mule アプリケーションに暗号化機能を提供します。この主な機能は次のとおりです。

  • メッセージの対称暗号化および対称復号化

  • メッセージの非対称暗号化および非対称復号化

  • メッセージの署名と署名されたメッセージの署名検証

このモジュールでは、メッセージを暗号化および署名する 3 つの異なる戦略がサポートされています。

  • PGP​: PGP を使用して署名/暗号化する。

  • XML​: XML ドキュメントまたは要素の署名または暗号化する。

  • JCE​: Java Cryptography Extension によって提供される広範な暗号化機能を使用する。

また、このモジュールには、ストリームチェックサムを計算および検証する 2 つ一般的な操作があります。
詳細は、​「一般的な操作」​を参照してください。

Anypoint Studio 7 での拡張モジュールの使用

この拡張モジュールを使用するには、Mule アプリケーションでの連動関係を追加します。

拡張モジュールのインストール

  1. Anypoint Studio で Mule プロジェクトを開きます。

  2. [Mule Palette (Mule パレット)] に移動します。 1.​[Search in Exchange (Exchange で検索)]​ を選択して、暗号化モジュールを検索します。

  3. 拡張モジュールを追加します。

  4. これで、[Mule Palette (Mule パレット)] で暗号化モジュールの操作を検索できるようになります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!