Mule Maven プラグイン

Mule Maven プラグインバージョン 3.0.0、3.1.0、3.1.1、3.1.2、3.1.3、3.1.4、3.1.5、3.1.6、3.1.7 は非推奨です。

Mule Maven プラグインでは、Mule アプリケーションのパッケージおよびデプロイメントを Maven ライフサイクルと統合できます。
パッケージ化の手順は、​「Mule アプリケーションをパッケージする」​を参照してください。

Mule Maven プラグインは Mule Runtime Engine (Enterprise Edition) および Mule Kernel (Community Edition) と互換性があります。

Mule Maven プラグインを使用すれば、次のデプロイメント戦略のいずれかを使用して、CloudHub へ、Anypoint Runtime Fabric へ、またはオンプレミスでの Mule アプリケーションのデプロイメントを自動化できます。

互換性

  • Mule 4.x

  • Anypoint Studio 7.x

Mule Maven プラグインの目標

Mule Maven プラグインには 3 つの目標があります。

  • package
    プロジェクトの jar ファイルを生成します。

  • deploy
    任意のアプリケーションデプロイメント対象 (CloudHub、Runtime Fabric、またはオンプレミス) で自動的にアプリケーションをアップロードして起動します。

  • mule:deploy
    指定された場所からアーティファクトをデプロイします。

  • mule:undeploy
    任意のアプリケーションデプロイメント対象 (CloudHub、Runtime Fabric、またはオンプレミス) から自動的にアプリケーションを削除します。

各目標では、目的のプラグイン動作に固有のパラメータを受け入れます。 コマンドラインからパラメータを指定するには、パラメータ名の先頭に ​-D​ を追加します。

目標のパッケージ化

package​ 目標では、アプリケーションの JAR ファイルが生成されます。この目標は、デフォルトで Maven ライフサイクルフェーズ: package​ にバインドします。

省略可能なパラメータ

名前 説明

onlyMuleSources

boolean (ブール)

ソースコードのみが含まれるアプリケーションの JAR ファイルを生成します。このプロパティは共有のみに使用します。

attachMuleSources

boolean (ブール)

生成した JAR ファイル内にソースコードを添付します。

lightweightPackage

boolean (ブール)

JAR ファイル内のすべてのアプリケーションの連動関係が含まれるリポジトリを生成しません。このプロパティは共有のみに使用します。

たとえば、​package​ 目標を実行して ​attachMuleSources​ パラメータを設定するには、次のコマンドを実行します。

mvn package -DattachMuleSources

目標のデプロイ

この目標では、アプリケーションの JAR ファイルを任意のアプリケーションデプロイメント対象にアップロードしてデプロイします。deploy 目標は、デフォルトで Maven ライフサイクルフェーズ: deploy​ にバインドします。

省略可能なパラメータ

名前 説明

artifact

String (文字列)

アプリケーションの JAR ファイルをデプロイするパス。デフォルトでは、アプリケーションの ​target​ フォルダに設定されます。

muleDeploy

boolean (ブール)

このプラグインに、プラグイン設定で定義されたデプロイメント戦略を使用してデプロイするよう指示します。​muleDeploy​ パラメータが設定されていない場合、このプラグインで、アプリケーションの ​pom.xml​ ファイルの ​distributionManagement​ セクションで定義されたリポジトリにアーティファクトがアップロードされます。

たとえば、​deploy​ 目標を実行して ​muleDeploy​ パラメータを設定するには、次のコマンドを実行します。

mvn deploy -DmuleDeploy

mule:deploy 目標

この目標を使用すると、アーティファクトを作成せずにデプロイできます。アーティファクトの場所を指定するには、​mule.artifact​ パラメータを使用します。

次に例を示します。

mvn mule:deploy -Dmule.artifact=myProject/myArtifact.jar

mule:undeploy 目標

この目標では、任意のアプリケーションデプロイメント対象からアプリケーションを削除します。プラグイン設定の情報を使用して、アプリケーションを定義されたデプロイメント対象から削除します。

undeploy​ 目標を実行するには、次のコマンドを実行します。

mvn mule:undeploy

undeploy 目標により、Mule Maven プラグイン 3.3.0 以降のバージョンのアプリケーションも削除されます。

Mule Maven プラグインを Mule プロジェクトに追加する

操作を実行する前に、Mule Maven プラグインをプロジェクトに追加する必要があります。

Mule Maven プラグインを追加するには、その Maven 連動関係をプロジェクトに追加する必要があります。

<plugin>
  <groupId>org.mule.tools.maven</groupId>
  <artifactId>mule-maven-plugin</artifactId>
  <version>3.3.2</version>
  <extensions>true</extensions>
</plugin>

このリポジトリから:

<pluginRepositories>
  <pluginRepository>
    <id>mule-public</id>
    <url>https://repository.mulesoft.org/nexus/content/repositories/releases</url>
  </pluginRepository>
</pluginRepositories>

これにより、プロジェクトで Mule Maven プラグインが有効になります。

<extensions>true</extensions>​ が存在しない場合、プラグインは機能しません。

プラグイン実行のスキップ

デプロイメント設定内で ​skip​ パラメータを true に設定することで、プラグイン実行をスキップできます。

<plugin>
  <groupId>org.mule.tools.maven</groupId>
  <artifactId>mule-maven-plugin</artifactId>
  <version>3.3.2</version>
  <extensions>true</extensions>
  <configuration>
    <standaloneDeployment>
      <muleHome>${mule.home.test}</muleHome>
      <skip>true</skip>
    </standaloneDeployment>
  </configuration>
</plugin>

デプロイメント検証のスキップ

任意のプラットフォームデプロイメント (Cloudhub、Runtime Manager、Runtime Fabric) 内で ​skipDeploymentVerification​ パラメータを true に設定することで、状況検証をスキップできます。

<plugin>
  <groupId>org.mule.tools.maven</groupId>
  <artifactId>mule-maven-plugin</artifactId>
  <version>3.3.2</version>
  <extensions>true</extensions>
  <configuration>
    <runtimeFabricDeployment>
      ...
      <skipDeploymentVerification>true</skipDeploymentVerification>
      ...
    </runtimeFabricDeployment>
  </configuration>
</plugin>

skipDeploymentVerification​ パラメータが存在しない場合、デフォルト値は false です。
この機能は、プラグインバージョン 3.2.5 以降で使用できます。

共有ライブラリの設定

アプリケーションの連動関係をアプリケーションのコネクタから参照できるようにする必要がある場合は、共有ライブラリを設定します。連動関係を共有ライブラリとして設定するには、プロジェクトの ​pom.xml​ ファイル内の Mule Maven プラグイン設定に次の要素を追加します。

<sharedLibraries>
  <sharedLibrary>
    <groupId>${dependencyGroupID}</groupId>
    <artifactId>${dependencyArtifactID}</artifactId>
  </sharedLibrary>
</sharedLibraries>

次の例では、プロジェクトのデータベース用 Anypoint コネクタ (データベースコネクタ) を設定し、さらに MySQL ドライバを共有ライブラリとして設定しています。

<build>
  <plugins>
    <!-- Mule Maven Plugin configuration -->
    <plugin>
    	<groupId>org.mule.tools.maven</groupId>
    	<artifactId>mule-maven-plugin</artifactId>
    	<version>${mule.maven.plugin.version}</version>
    	<extensions>true</extensions>
    	<configuration>
    	<sharedLibraries>
        <!-- MySQL driver dependency configured as a shared library -->
        <sharedLibrary>
          <groupId>mysql</groupId>
          <artifactId>mysql-connector-java</artifactId>
        </sharedLibrary>
      </sharedLibraries>
      </configuration>
    </plugin>
  </plugins>
</build>

</dependencies>
  <!--Database Connector dependency -->
  <dependency>
    <groupId>org.mule.connectors</groupId>
    <artifactId>mule-db-connector</artifactId>
    <version>1.5.0</version>
    <classifier>mule-plugin</classifier>
  </dependency>
  <!-- MySQL driver dependency -->
  <dependency>
    <groupId>mysql</groupId>
    <artifactId>mysql-connector-java</artifactId>
    <version>5.1.33</version>
  </dependency>
</dependencies>

追加プラグイン連動関係の設定

アプリケーションでコネクタの追加プラグイン連動関係を設定できます。
追加プラグイン連動関係を設定するには、プロジェクトの ​pom.xml​ ファイル内の Mule Maven プラグイン設定に次の要素を追加します。

<additionalPluginDependencies>
    <plugin>
        <groupId>${connectorGroupID}</groupId>
        <artifactId>${connectorArtifactID}</artifactId>
        <additionalDependencies>
            <dependency>
                <groupId>${dependencyGroupID}</groupId>
                <artifactId>${dependencyArtifactID}</artifactId>
                <version>${dependencyVersion}</version>
            </dependency>
        </additionalDependencies>
    </plugin>
</additionalPluginDependencies>

次の例では、Derby ドライバをデータベースコネクタの連動関係として設定しています。

<plugin>
    <!-- Mule Maven Plugin configuration -->
    <groupId>org.mule.tools.maven</groupId>
    <artifactId>mule-maven-plugin</artifactId>
    <version>${mule.maven.plugin.version}</version>
    <configuration>
        <!-- Plugin dependencies configuration-->
        <additionalPluginDependencies>
            <!-- The connector for which the dependency is defined -->
            <plugin>
                <groupId>org.mule.connectors</groupId>
                <artifactId>mule-db-connector</artifactId>
                <!-- Dependencies definition for the connector -->
                <additionalDependencies>
                    <dependency>
                        <groupId>org.apache.derby</groupId>
                        <artifactId>derby</artifactId>
                        <version>10.11.1.1</version>
                    </dependency>
                </additionalDependencies>
            </plugin>
        </additionalPluginDependencies>
    </configuration>
</plugin>

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!