Runtime Manager エージェント

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo rtf disabled

Anypoint Runtime Manager エージェントは、Mule Runtime Engine との通信を可能にする Mule Runtime Engine のプラグインです。 Runtime Manager (MuleSoft が管理するクラウドコンソールと Anypoint Platform Private Cloud Edition の両方) では、このエージェントを使用して登録済みの Mule インスタンスと通信します。

Runtime Manager エージェントと Runtime Manager との通信がどのように行われるかについては、「デプロイメントオプション」​を参照してください。

Runtime Manager は、Mule の Enterprise バージョンのみで使用でき、Community バージョンでは使用できません。 エージェントでは、Mule バージョン 3.6.0 以降がサポートされています。

外部システムからエージェント API をコールして Runtime Manager エージェントを使用し、Mule インスタンスを監視および制御したり、Mule のデータを外部システムに公開したりできます。Runtime Manager エージェントには次のような機能があります。

  • アプリケーション、ドメイン、サーバの制御:

    • アプリケーションをリスト、デプロイ、アンデプロイ、状況の取得、開始または停止する

    • ドメインをリスト、デプロイ、アンデプロイ、または再デプロイする (REST トランスポートのみ)

  • 外部分析システムへの Mule メトリクスの公開

前提条件

インストールの場所

Runtime Manager エージェントは、$MULE_HOME/plugins​ ディレクトリにインストールされ、1 つの mule-agent.yml​ ファイルから設定を読み込みます。インストール手順とダウンロードリンクについては、「Runtime Manager エージェントのインストールまたは更新」​を参照してください。

通信プロトコル

Runtime Manager エージェントでは、2 つの通信プロトコルがサポートされています。

  • WebSockets

    エージェントから Runtime Manager (クラウドベースまたは PCE コンソール) への接続を確立します。

    エージェントを Runtime Manager に登録すると、エージェントは最初に Runtime Manager とのアウトバウンド HTTPS 接続を確立します。この接続は、Runtime Manager とエージェント間で、新しいセキュアな全二重 WebSocket 接続を確立します。Mule が起動すると、エージェントは Runtime Manager に安全に接続して、Runtime Manager コンソールを使用して Mule をリモートで監視してできるようにします。

    Mule の実行中にこのリンクがダウンすると、統計や分析のデータは WebSocket 接続が再確立されるまでバッファに格納されます。また、WebSockets 接続が切断された場合に備えた再接続戦略もあります。

  • REST

    Mule と外部クライアントとの直接 REST 接続 (セキュアまたは非セキュア) を可能にします。

    これによって、外部クライアントは Runtime Manager エージェントの REST API​ を使用して直接 Mule にアクセスし、管理できます。

    詳細は、「amc_setup パラメータによる REST 接続の設定」​を参照してください。

mule-agent.yml​ ファイルを手動で編集して、両方の通信接続でエージェントを設定できます。REST エージェントトランスポートと WebSocket トランスポートの両方の有効化を参照してください。

外部システムへの接続

Mule を外部システムに接続するようにエージェントのプラグインを設定できます。インストールスクリプト (amc_setup​) のパラメータを使用して、通信方式と外部システムを選択します。

また、MuleSoft は Runtime Manager 外部からの監視を可能にするオープンソースの Runtime Manager エージェントモジュールを提供しています。これらのモジュールは無保証で提供されており、MuleSoft からサポートを受けることはできません。これらのモジュールにアクセスするには、以下の GitHub レポジトリを参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!