Runtime Manager について

Runtime Manager は、1 か所からすべての Mule アプリケーションのデプロイと管理を行うために使用されます。アプリケーションがクラウド、オンプレミス、または Runtime Fabric のいずれで実行されている場合でも使用できます。

Runtime Manager は、特に Mule アプリケーションを処理し、CloudHub 仮想ワーカー、オンプレミスの Mule サーバ (サーバグループやクラスタなど)、または Runtime Fabric で使用可能な Mule Runtime インスタンスにデプロイするために設計されています。

CloudHub は完全なサービスとしてのインテグレーションプラットフォーム (iPaaS) で、標準でオブジェクトストアインフラストラクチャ、監視、トラブルシューティング、スケジュールなどを備えており、あらゆるサーバニーズに対応します。CloudHub にデプロイするには Runtime Manager を使用します。

アーキテクチャ

Anypoint Platform のクラウドベースバージョンには、CloudHub やその他の場所にデプロイされたアプリケーションを管理できるコンソールを備えた Runtime Manager が含まれています。

オンプレミスの Runtime Manager を使用している場合は、CloudHub 以外の どこにでもデプロイできます。

CloudHub にデプロイしたアプリケーションの場合 (下図は Cloud ランタイム)、インサイトを使用して分析と監視を行うことができます。オンプレミスまたはプライベートクラウドサーバにデプロイしたアプリケーションの場合、サードパーティの分析アプリケーションにデータを送信できます。

arm big picture

Runtime Manager のダッシュボードには、すべてのデプロイ済みアプリケーションと監視対象のサーバの状況が表示され、豊富な機能を使用して、実行中のアプリケーションのアクティビティを管理、追跡できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!