トラブルシューティング

logo cloud active logo hybrid active logo server active logo pcf active

デプロイされたアプリケーションで問題が発生した場合、Runtime Manager には、その根本的原因を突き止めるのに役立つツールがいくつか用意されています。

使用するデプロイメント戦略に応じて、使用可能なトラブルシューティングリソースセットが異なります。この機能の差は、一方で欠如している機能を新しいリリースで実装することで徐々に小さくなります。

Runtime Manager の監視ツールについての詳細は、「監視」を参照しくてださい。これも問題の診断に役立つことがあります。

アプリケーションのトラブルシューティング

次のツールを使用して、アプリケーションに関する情報にアクセスできます。

  • インサイトlogo cloud active logo hybrid active logo server disabled logo pcf disabled 重要なメトリクスを表示するダッシュボードにアクセスし、詳細の個々のトランザクションレベルでイベントを参照します。

  • API 機能監視logo cloud active logo hybrid active logo server active logo pcf active API 機能監視を使用して、テストを自動化し、テストレポートを取得できます。本番環境へのデプロイによってコードをリポジトリにプッシュする前にテストできます。テストでは、API 機能を確認し、API から生成される結果を検証できます。ソフトウェア開発ライフサイクルの各フェーズと本番環境で API を監視できます。

  • アプリケーションログデータの表示logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo pcf disabled アプリケーション、およびアプリケーションが実行されるサーバまたは CloudHub ワーカーで発生するイベントのログにアクセスします。

  • ワーカーの監視logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo pcf disabled アプリケーションおよびアプリケーションが実行されている仮想サーバの状況に関する情報にアクセスします。

独自のサーバにデプロイされたアプリケーションの場合は、サードパーティソフトウェアにログデータをエクスポートして参照できます。Pivotal Cloud Foundry にデプロイされたアプリケーションの場合は、Pivotal のコンソールでもログを参照できます。

サーバのトラブルシューティング

独自のサーバにデプロイされたアプリケーションでは、次のツールを使用して情報にアクセスできます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!