デプロイされたアプリケーションの管理

[Applications (アプリケーション)] タブ

Runtime Manager では、「アプリケーション」とは Mule Runtime Engine (Mule) または API ゲートウェイランタイムインスタンスで実行中の Mule アプリケーションを指します。インスタンスは CloudHub、組織のオンプレミスサーバ、サーバのグループ、またはサーバクラスタで実行されている場合があります。

[Applications (アプリケーション)] メニューでは、アカウントにある現在デプロイ済みで実行中のアプリケーションをすばやく参照できます。エントリをクリックして追加情報を表示するか (下記参照)、[Manage Application (アプリケーションを管理)] をクリックしてアプリケーションのダッシュボートおよび設定ページを参照します。

AMC_ManageApplication

アプリケーションを少なくとも 1 つ作成した後、ここにアプリケーションがリストされます。

サーバグループにデプロイされたアプリケーションはグループ内のすべてのサーバで実行されます。

[Servers (サーバ)] タブ

このタブは、オンプレミスサーバにアプリケーションをデプロイする場合にのみ使用します。CloudHub ワーカーはここに表示されません。

Runtime Manager では、サーバとは CloudHub (オンプレミスまたは別のクラウドサーバ) 以外の場所にある Mule または API ゲートウェイインスタンスを指し、最初に Runtime Manager コンソールで登録する必要があります。サーバを登録して設定したら、[Applications (アプリケーション)] タブでアプリケーションをサーバにデプロイできます。

AMC_Servers

[Servers (サーバ)] タブから、次のオプションのいずれかを選択し、これらのタスクを実行します。

  • Add a Server (サーバを追加) (Runtime Manager コンソールでサーバを登録する)

  • Start Mule or API gateway (Mule または API ゲートウェイを開始)

  • Create a server group (サーバグループを作成)

  • Create a cluster (クラスタを作成)

  • Add and remove servers from a server group (サーバをサーバグループに追加および削除)

  • Add and remove servers from a cluster (サーバをクラスタに追加および削除)

  • Stop an application on a server (サーバ上のアプリケーションを停止)

  • Delete a server, server group or cluster (サーバ、サーバグループ、またはクラスタを削除)

このタブのオプションについての詳細は、「サーバ、サーバグループ、クラスタ」を参照してください。

環境の切り替え

組織に複数の環境がある場合、環境を切り替えることができます。

  1. Runtime Manager の任意の画面で、画面の左上隅に表示される現在の環境をクリックします。

  2. 切り替え先の環境を選択します。

  3. [Switch (切り替え)] をクリックします。

managing deployed applications 0e10f

アプリケーションの開始、再起動、停止、削除

  1. [Applications (アプリケーション)] で、アプリケーション名をクリックして画面右側の管理パネルで開きます。

  2. [status (状況)] の隣にある下矢印をクリックします (メニューはアプリケーションの現在の状態によって異なります)。

    AMC_StopStartDeleteApp
  3. 実行するアクションをクリックします。

    • Start (開始)

      停止中のアプリケーションを開始します。

    • Restart (再起動)

      すでに開始されているアプリケーションをリセットします。アプリケーションがデプロイされていない場合は、アプリケーションの ZIP ファイルがサーバに送られて、サーバ上でアプリケーションが開始されます。

    • Stop (停止)

      実行中のアプリケーションを停止します。

    • Delete (削除)

      アプリケーションを削除します。

CloudHub では、アプリケーションを削除すると、コンソールからログデータにアクセスできなくなります。CloudHub では、古いログデータはパージされる前に一定期間アーカイブされます。そのため、必要に応じてデータを復元できます。詳細は、 https://support.mulesoft.com でサポートケースを開いてください。

Pivotal Cloud Foundry でデプロイされるアプリケーションの場合

  • Restart (再起動)

    仮想マシンにアプリケーションを再デプロイします。

  • Stop (停止)

    アプリケーションを実行する仮想マシンを破棄しますが、ログを継続するために Runtime Manager にあるエントリは保持されます。

  • Undeploy (アンデプロイ)

    アプリケーションを実行する仮想マシンを破棄し、アプリケーションのエントリを Runtime Manager から削除します。

状況の状態

[Status (状況)] 列の情報は、コンテキストによって異なります。

アプリケーションの状況の状態

アイコン 状態 説明
managing deployed applications a665b

Stopped (停止)

アプリケーションは実行されていません。

managing deployed applications 515a4
  • Partial (一部)

  • Starting (開始中)

  • Stopping (停止中)

  • Undeploying (アンデプロイ中)

アプリケーションは他の状態へ移行中です。

console_overview_green_circle

  • Started (開始済み)

  • Updated (更新済み)

アプリケーションは正常に動作しているか、または更新されました。

console_overview_red_circle

Deployment Failed (デプロイ失敗)

アプリケーションのデプロイメントが失敗しました。

障害の原因がコンソールに表示されます。

managing deployed applications ab70d

アプリケーションの更新が失敗しました。

managing deployed applications de1b7

Undeployed (アンデプロイ済み)

サーバがプラットフォームに応答しないので、アプリケーションの状況は不明です (オンプレミスデプロイメントの場合のみ)。

レプリカの状況の状態

[Replica (レプリカ)] の状況は、Runtime Fabric にデプロイされたアプリケーションにのみ適用されます。これらの状況は、新規設定または変更した設定をデプロイ済みのアプリケーションに適用する場合に表示されます。「アプリケーションデプロイメントのバージョン設定」を参照してください。

[Replica (レプリカ)] の状況は次のとおりです。

  • Started (開始済み) (緑)

    レプリカはトラフィックを受信しています。

  • Starting (開始中)

    レプリカでプロセスを開始中です。

  • Deleting (削除中)

    レプリカの削除が進行中です。

  • Deleted (削除済み)

    レプリカが削除されました。

  • Stopping (停止中)

    レプリカが停止中です。

  • Stopped (停止)

    レプリカは停止しています (トラフィックを受信していません)。

  • Failed (失敗) (赤)

    設定のデプロイに失敗しました。

サーバの状況の状態

  • Connected (接続済み)

    サーバを使用できます。

  • Created (作成済み)

    サーバは最近システムに登録され、一度も接続されていません。

  • Running (実行中)

    サーバは稼働中で、要求を受け入れています。

  • Disconnected (切断済み)

    サーバは現在使用できませんが、登録済みで接続可能です。

サーバグループの状況の状態

  • Connected (接続済み)

    サーバグループ内のすべてのサーバが接続済みです。

  • Created (作成済み)

    サーバグループが作成されました。

    この状態は、グループを作成してから [Empty (空)] 状態になるまで一時的に発生します。

  • Disconnected (切断済み)

    サーバグループ内のすべてのサーバが使用不可です。この状態は、ネットワークがダウンするか、グループ内の 1 つ以上のサーバに障害がある場合に発生します。

  • Empty (空)

    現在このグループに割り当てらているサーバはありません。

  • Partial (一部)

    グループ内の 1 つ以上のサーバの状態が異なります。

  • Running (実行中)

    サーバグループ内のすべてのサーバが実行中です。

クラスタの状況の状態

アイコン 状態 説明

緑

Running (実行中)

すべてのノードが実行中です。

黄

Partial (x of y running) (一部 (x/y 実行中))

一部のノードは実行中で、一部はダウンしています。

managing deployed applications a665b

Disconnected (切断済み)

すべてのノードが切断されています。

黒

Created (作成済み)

サーバ/ノードはプラットフォームに登録されていますが、開始されませんでした。

黄

Running with communication issue (実行中ただし通信問題あり)

すべてのノードが実行中です。ノード間に可視性の問題があります。

黄

Partial (x of y running) with communication issue (一部 (x/y 実行中) ただし通信問題あり)

一部のノードは実行中で、一部はダウンしています。ノード間に通信問題があります。

アプリケーション管理パネル

[Applications (アプリケーション)] タブで任意のアプリケーションを選択すると、右側にパネルが開きます。ここにアプリケーションに関する追加情報が表示され、アプリケーションの設定にアクセスできます。

ダッシュボード

管理パネルに表示される内容は、アプリケーションが CloudHub独自のサーバのどちらにデプロイされているかによって異なります。

  • CloudHub にあるアプリケーションには、アプリケーションが実行されている CloudHub ワーカーに関する情報が表示されます。

  • クラスタおよびサーバグループにデプロイされているアプリケーションには、サーバのリストとそれぞれの状況が表示されます。

状況、最終変更日時、デプロイされたアプリケーション ZIP ファイルが常に表示されます。[Choose File (ファイルを選択)] ボタンを使用すると、アプリケーション ZIP ファイルを変更できます。

[Manage Application (アプリケーションを管理)] ボタンを使用すると、さらに詳細なアプリケーション設定を表示して管理できます。

managing deployed applications 38b94

アプリケーションの設定ページでは、*[Dashboard (ダッシュボード)] *ボタンを使用して、アプリケーションの完全な詳細ダッシュボードを表示できます。「ダッシュボードの監視」を参照してください。

managing deployed applications 107ad

[Insight (インサイト)] ボタンを使用すると、トランザクションレベルのデータが表示できます。「インサイト」を参照してください。

managing deployed applications 76124

ダッシュボードとインサイトは、Anypoint Platform Private Cloud Edition では現在使用できない機能です。「デプロイメント戦略」を参照してください。

アプリケーションの監視

アプリケーションのイベントやサーバまたは仮装サーバのパフォーマンスを監視するためのツールは、デプロイメント戦略によって異なります。「アプリケーションの監視」を参照してください。

アプリケーションの更新

アプリケーションに変更を加えた場合、新しいバージョンをデプロイする手順は、次のとおりです。

  1. [Deployment (デプロイメント)] 画面で [Choose file (ファイルを選択)] をクリックします。

  2. [Import file from Exchange (Exchange からファイルをインポート)] または *[Upload file (ファイルをアップロード)] *を選択します。

  3. [Apply changes (変更を適用)] をクリックします。
    数秒以内にアプリケーションが再デプロイされます。再デプロイ中はアプリケーションの状況インジケータが青に変わり、デプロイメントが完了すると緑に変わります。

  4. CloudHub にデプロイされたアプリケーションの場合は、[Logs (ログ)] をクリックするとアプリケーションの再デプロイメントをライブで確認できます。

アプリケーションをオンプレミスのクラスタにデプロイする場合、Runtime Manager は各サーバに新しいアプリケーションバージョンを徐々にインストールしていき、ダウンタイムが発生しないようにします。

Runtime Fabric にデプロイされたアプリケーションを更新する場合は、「Runtime Fabric でのアプリケーションのバージョン管理」を参照してください。

アラート

デプロイメントの失敗やアプリケーションの削除など、アプリケーションに特定のイベントが発生した場合に送信されるメールアラートをセットアップできます。これらのアラートは、特定のアプリケーションまたはすべてのアプリケーションにリンクすることができます。詳細については「アラート」を参照してください。

アラートを作成する権限がない場合でも、メールアラートを受信するかどうかを指定できます。

このビューからアラートをオフに切り替えると、現在 (サインイン済み) のユーザに対してのみオフに切り替わります。他のユーザのアラートは有効のままです。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!