スケジュール管理について (ハイブリッド)

スケジュール管理は、Mule バージョン 3.9 以降のみを使用するハイブリッドデプロイメント環境のサーバでサポートされています。

Runtime Manager を使用して、デプロイされたアプリケーションのフロー内のポーリング要素の表示と制御を行うことができます。Runtime Manager は、フロー内のポーリング要素を自動的に検出します。これらの要素は、[Manage Applications (アプリケーションの管理)] ページの [Schedulers (スケジューラ)] タブにリストされます。

Runtime Manager では、各ポーリング要素名が polling://{flow_name} としてリストされます。

このタブから、次のことを実行できます。

  • ポーリング要素を有効または無効にする。

  • ポーリング頻度を変更する。

これらのタスクは実行時に実行できます。アプリケーションを変更したり、再デプロイする必要はありません。

ユースケース

スケジュール管理は、次のような状況で役立ちます。

  • 実行時に、再デプロイせずにアプリケーション内のスケジュールを変更したい場合。

  • 接続しているアプリケーションのうちの 1 つがメンテナンス中である間に、スケジュールされたジョブを無効にしたい場合。

  • アプリケーション内のスケジュールを実行時に可視化したい場合。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub