サーバプロパティの設定

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo rtf disabled

Runtime Manager では、Mule 環境のプロパティを表示および設定することができます。Runtime Manager には、カスタムプロパティと検出されたプロパティが表示されます。

カスタムプロパティ

カスタムプロパティを使用して、Mule インスタンスの JVM コンテナによって使用されるプロパティを定義できます。カスタムプロパティはキー/値ペアとして定義されます。

検出されたプロパティ

検出されたプロパティは、Mule インスタンスのリモート環境によって定義されるプロパティです。これらのプロパティは次のとおりです。

  • JVM 引数

  • 環境プロパティ

  • システムプロパティ

Runtime Manager では、リモートサーバの System​ Java クラスを照会する Runtime Manager エージェントからこれらのプロパティの値を取得します。

リモートサーバプロパティの自動検出はデフォルトで無効になっています。この機能を使用するには、[Enable Auto-Discovery (自動検出を有効化)]​ をクリックします。この機能を有効にした後、Runtime Manager ではこれらのプロパティの暗号化されたものが内部データベースに保存されます。

この機能を完全に無効化することで、Runtime Manager が検出したプロパティを保存することを禁止できます。MuleSoft カスタマーサクセス担当者にお問い合わせください。

サーバプロパティの表示

検出されたプロパティを表示する手順は、次のとおりです。

  1. Anypoint Platform から [Runtime Manager]​ を選択します。

  2. [Servers (サーバ)]​ タブをクリックします。

  3. [Type (種別)]​ 列をクリックして詳細ペインを表示します。

  4. [Manage Server (サーバを管理)]​、[Manage Group (グループを管理)]​、または [Manage Cluster (クラスタを管理)]​ をクリックします。

  5. [Settings (設定)]​ ページで [Properties (プロパティ)]​ タブをクリックします。

  6. [Custom Properties (カスタムプロパティ)]​ または [Discovered Properties (検出されたプロパティ)]​ をクリックします。

    検出されたプロパティが表示されるようにするには、[Discovered Properties (検出されたプロパティ)]​ を選択してから [Enable Auto-Discovery (自動検出を有効化)]​ をクリックします。

    *[Discovered Properties (検出されたプロパティ)] ボタンと [Enable Auto-Discovery (自動検出を有効化)] ボタン
    Figure 1. [Properties (プロパティ)]​ タブの [Discovered Properties (検出されたプロパティ)]​ ボタンと [Enable Auto-Discovery (自動検出を有効化)]​ ボタンが表示された画面。

    サーバのプロパティを自動検出するには、サーバの状況が [Running (実行中)] になっている必要があります。

    [Properties (プロパティ)]​ タブでは以下を行うことができます。

    • プロパティを検索する。

    • 新しいプロパティを作成する。

    • 既存のプロパティを編集する。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!