内部ハンドラバッファ

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo pcf disabled

Runtime Manager エージェントでは、バッファをサポートする内部ハンドラを簡単な方法で実装できます。このドキュメントでは、Runtime Manager エージェントの内部ハンドラのバッファを実装し、設定する方法について説明します。

バッファ付き内部ハンドラの実装

BufferedHandler 抽象クラス

バッファ付き内部ハンドラを実装するには、BufferedHandler<T> 抽象クラスを拡張する必要があります。上書きするメソッドは次のとおりです。

  • boolean canHandle(T message)

    メッセージが内部ハンドラによって処理可能であれば true を返します。
  • boolean flush(Collection<T> collectionOfMessages)

    バッファに保存されているメッセージを外部サービスに送信する実装を提供します。

@Named("com.mulesoft.agent.mypublisher")
@Singleton
public class MyPublisher extends BufferedHandler<List<Metric>>
{
    @Configurable(value = "mule")
    String metricPrefix;

    @Inject
    public MyPublisher()
    {
        super();
    }

    public MyPublisher(OnOffSwitch enabledSwitch)
    {
        super();
        this.enabledSwitch = enabledSwitch;
    }

    @Override
    public boolean canHandle(@NotNull List<Metric> metrics)
    {
        // Evaluates if the message could be handled
    }

    @Override
    public boolean flush(@NotNull Collection<List<Metric>> listOfMetrics)
    {
        // Send messages to external service
    }
}

内部ハンドラのバッファの設定

バッファ設定オブジェクト

内部ハンドラにバッファサポートが含まれる場合は、mule-agent.yml ファイル内でバッファを設定できます。次の表は、使用可能な設定パラメータを示しています。

項目 説明 デフォルト値

type

バッファ種別。有効な値は、MEMORY (メモリ) または DISK (ディスク) です。.

retryCount

フラッシュメソッドで例外が発生した後に再試行する回数。

maximumCapacity

バッファに保持するイベントの最大数。

flushFrequency

フラッシュメソッドを実行する頻度 (ミリ秒)。

filePath

バッファファイルへのパス。種別が DISK (ディスク) のバッファにのみ有効です。.

PATH/bufferFile

whenExhausted

バッファが枯渇したときに従う戦略。指定しない場合、バッファは自動的に拡張されます。有効な値は、FAIL (失敗) と FLUSH. (フラッシュ) です。

なし

flushThreadsNumber

whenExhausted で定義した戦略が FLUSH (フラッシュ) (上記参照) である場合に、バッファが枯渇したときに FlushThreadExecutor によって使用されるスレッド数。

60

discardMessagesOnFlushFailure

true の場合、フラッシュが成功しなかったときにはメッセージがバッファに返されません。

false

バッファの最大容量は、バイト数ではなくイベント数に基づいて設定されます。イベントのサイズが大きく、maximumCapacity を低い値に設定していない場合は、ヒープに負荷がかかり、アプリケーションのパフォーマンスに影響する可能性があります。

DISK (ディスク) バッファを設定した場合は、I/O 操作のパフォーマンスを改善するために、メモリ内バッファもインスタンス化されます。デフォルトでは、メモリバッファのイベント数は 10000 で、500 ミリ秒ごとにディスクにフラッシュし、各バッチには 10000 件のイベントが含まれます。これらの値は、それぞれシステムプロパティ agent.disk.buffering.cache.sizeagent.disk.buffering.cache.flush.frequencyagent.disk.buffering.max.flushing.size で設定できます。

ディスクから外部システムへの 10000 件ずつのバッチのフラッシュと、agent.disk.buffering.max.flushing.size プロパティは、Mule エージェントプラグインの 2.1.9 および 1.11.3 以降でサポートされています。

サンプルの mule-agent.yml ファイル

パブリッシャでのバッファの設定

---
muleInstanceUniqueId: validId
organizationId: organizationId

transports:
    websocket.transport:
        security:
            keyStorePassword: mykeystorePassword
            keyStoreAlias: agent
            keyStoreAliasPassword: agentpassword

    rest.agent.transport:
        security:
            keyStorePassword: mykeystorePassword
            keyStoreAlias: agent
            keyStoreAliasPassword: agentpassword
        port: 9997

services:
    mule.agent.application.service:
        enabled: true

    mule.agent.domain.service:
        enabled: true

    mule.agent.jmx.publisher.service:
        enabled: true
        frequency: 15
        frequencyTimeUnit: MINUTES
        beans:
            -   beanQueryPattern: java.lang:type=Runtime
                attribute: Uptime
                monitorMessage: Monitoring memory up-time
            -   beanQueryPattern: java.lang:type=MemoryPool,*
                attribute: Usage.used
                monitorMessage" : Used Memory

internalHandlers:
    domaindeploymentnotification.internal.message.handler:
        enabled: true

    applicationdeploymentnotification.internal.message.handler:
        enabled: false

    com.mulesoft.agent.test.buffering.jmx.internal.handler:
        enabled: true
        buffer:
            type: DISK
            retryCount: 1
            flushFrequency: 10000
            maximumCapacity: 30
            filePath: publisher-buffer.log

externalHandlers:
    applications.request.handler:
        enabled: true

    domains.request.handler:
        enabled: true

イベント追跡でのバッファの設定

---
muleInstanceUniqueId: validId
organizationId: organizationId

transports:
    websocket.transport:
        security:
            keyStorePassword: mykeystorePassword
            keyStoreAlias: agent
            keyStoreAliasPassword: agentpassword

    rest.agent.transport:
        security:
            keyStorePassword: mykeystorePassword
            keyStoreAlias: agent
            keyStoreAliasPassword: agentpassword
        port: 9997

services:
    mule.agent.application.service:
        enabled: true

    mule.agent.domain.service:
        enabled: true

    mule.agent.jmx.publisher.service:
        enabled: true
        frequency: 15
        frequencyTimeUnit: MINUTES
        beans:
            -   beanQueryPattern: java.lang:type=Runtime
                attribute: Uptime
                monitorMessage: Monitoring memory up-time
            -   beanQueryPattern: java.lang:type=MemoryPool,*
                attribute: Usage.used
                monitorMessage" : Used Memory

internalHandlers:
    domaindeploymentnotification.internal.message.handler:
        enabled: true

    applicationdeploymentnotification.internal.message.handler:
        enabled: false

    tracking.notification.internal.message.handler:
        enabled: true
        buffer:
            type: MEMORY
            retryCount: 1
            flushFrequency: 10000
            maximumCapacity: 30

externalHandlers:
    applications.request.handler:
        enabled: true

    domains.request.handler:
        enabled: true

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub