ペイロード形式とログ記録

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo rtf disabled

メッセージペイロードデータを外部分析ソフトウェアに送信するには、Runtime Manager エージェントはまずデータをシリアル化してテキストに変換する必要があります。

一部のペイロード形式はプレーンテキストに変換できないため、Runtime Manager エージェントは機能すると考えられる形式のみを変換します。 変換できないペイロード形式の場合、エージェントはペイロードメッセージコンテンツではなく、ペイロードクラス種別の完全修飾名のみを渡します。

Runtime Manager エージェントバージョン 1.6.2 以前では、すべてのペイロード形式を変換しようとするため、一部の形式でエラーが発生します。

デフォルトの変換動作

次の表はペイロード形式を示しており、Runtime Manager エージェントが文字列型に変換してペイロードメッセージを渡すかどうかを示しています。 「文字列への変換」​列が「FALSE」の場合、Runtime Manager エージェントはペイロードクラス種別のみを渡します。

拡張子 ドキュメントの種類 MIME タイプ 文字列への変換

.epub

電子出版物 (EPUB)

application/epub+zip

いいえ

.jar

Java アーカイブ (JAR)

application/java-archive

いいえ

.js

JavaScript (ECMAScript)

application/javascript

はい

.json

JSON 形式

application/json

はい

.doc

Microsoft Word

application/msword

いいえ

.arc

アーカイブドキュメント (複数のファイルが埋め込まれている)

application/octet-stream

いいえ

.bin

任意の種類のバイナリデータ

application/octet-stream

いいえ

.ogx

OGG

application/ogg

いいえ

.pdf

Adobe ポータブルドキュメント形式 (PDF)

application/pdf

いいえ

.rtf

リッチテキスト形式 (RTF)

application/rtf

はい

.azw

Amazon Kindle eBook 形式

application/vnd.amazon.ebook

いいえ

.mpkg

Apple インストーラパッケージ

application/vnd.apple.installer+xml

いいえ

.xul

XUL

application/vnd.mozilla.xul+xml

はい

.xls

Microsoft Excel

application/vnd.ms-excel

いいえ

.ppt

Microsoft PowerPoint

application/vnd.ms-powerpoint

いいえ

.odp

OpenDocuemnt プレゼンテーションドキュメント

application/vnd.oasis.opendocument.presentation

いいえ

.ods

OpenDocuemnt スプレッドシートドキュメント

application/vnd.oasis.opendocument.spreadsheet

いいえ

.odt

OpenDocument テキストドキュメント

application/vnd.oasis.opendocument.text

いいえ

.vsd

Microsoft Visio

application/vnd.visio

いいえ

.7z

7-zip アーカイブ

application/x-7z-compressed

いいえ

.abw

AbiWord ドキュメント

application/x-abiword

いいえ

.bz

BZip アーカイブ

application/x-bzip

いいえ

.bz2

BZip2 アーカイブ

application/x-bzip2

いいえ

.csh

C シェルスクリプト

application/x-csh

はい

.rar

RAR アーカイブ

application/x-rar-compressed

いいえ

.sh

Bourne シェルスクリプト

application/x-sh

はい

.swf

Small web format (SWF) または Adobe Flash ドキュメント

application/x-shockwave-flash

いいえ

.tar

テープアーカイブ (TAR)

application/x-tar

いいえ

.xhtml

XHTML

application/xhtml+xml

はい

.xml

XML

application/xm

l TRUE

.zip

ZIP アーカイブ

application/zip

いいえ

.aac

AAC オーディオファイル

audio/aac

いいえ

.mid .midi

電子楽器デジタルインターフェース (MIDI)

audio/midi

いいえ

.oga

OGG オーディオ

audio/ogg

いいえ

.weba

WEBM オーディオ

audio/webm

いいえ

.wav

Waveform オーディオ形式

audio/x-wav

いいえ

.ttf

TrueType フォント

font/ttf

いいえ

.woff

Web オープンフォント形式 (WOFF)

font/woff

いいえ

.woff2

Web オープンフォント形式 (WOFF)

font/woff2

いいえ

.gif

グラフィックスインターチェンジ形式 (GIF)

image/gif

いいえ

.jpeg .jpg

JPEG 画像

image/jpeg

いいえ

.svg

スケーラブルベクターグラフィックス (SVG)

image/svg+xml

はい

.tif

.tiff タグ付き画像ファイル形式 (TIFF)

image/tiff

いいえ

.webp

WEBP 画像

image/webp

いいえ

.ico

アイコン形式

image/x-icon

いいえ

.ics

iCalendar 形式

text/calendar

はい

.css

カスケードスタイルシート (CSS)

text/css

はい

.csv

カンマ区切り値 (CSV)

text/csv

はい

.htm

.html ハイパーテキストマークアップ言語 (HTML)

text/html

はい

.txt

プレーンテキスト

text/plain

はい

.3gp

3GPP オーディオ/ビデオコンテナ

video/3gpp audio/3gpp (ビデオが含まれていない場合)

いいえ

.3g2

3GPP2 オーディオ/ビデオコンテナ

video/3gpp2 audio/3gpp2 (ビデオが含まれていない場合)

いいえ

.mpeg

MPEG ビデオ

video/mpeg

いいえ

.ogv

OGG ビデオ

video/ogg

いいえ

.webm

WEBM ビデオ

video/webm

いいえ

.avi

AVI: オーディオビデオインターリーブ

video/x-msvideo

いいえ

Multipart

multipart/mixed、multipart/alternative、multipart/digest、multipart/parallel

いいえ

変換動作のカスタマイズ

conf/mule-agent.yml​ ファイルにプロパティを追加すれば、デフォルトの動作を上書きして、すべてのペイロード形式を転送するか、どのペイロード形式も転送しないようにエージェントを設定できます。

たとえば、組織が特定の型のデータを共有することの安全性について懸念を抱いている場合、一部の形式を外部ログから除外する必要がある場合もあります。

ペイロードを除外する

特定のアプリケーションのすべてのペイロードを除外するには、次のようにします。

    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        trackedApplications:
            - appName: someApp
              trackingLevel: DEBUG
              payloadExcluded: true

すべてのアプリケーションのすべてのペイロードを除外するには、次のようにします。

    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        globalPayloadExclusion: true

ペイロードを含める

Runtime Manager エージェントが変換できないと考えるペイロード形式を変換して転送する必要がある場合もあります。

すべてのペイロード形式の変換を強制的に実行した場合、送信されるペイロードはペイロードメッセージコンテンツではなく、ペイロードクラス種別になる場合もあります。

特定のアプリケーションのすべてのペイロードを含めるには、次のようにします。

    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        trackedApplications:
            - appName: someApp
              trackingLevel: DEBUG
              forcePayloadInclusion: true

すべてのアプリケーションのすべてのペイロードを含めるには、次のようにします。

    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        forceGlobalPayloadInclusion: true

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!