ペイロード形式のロギングについて

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo pcf disabled

メッセージペイロードデータを外部分析ソフトウェアに送信するには、まずシリアル化してテキストに変換する必要があります。

一部のペイロード形式は、プレーンテキストに変換できません。このため、Runtime Manager エージェントは適切に形式を区別し、機能すると考えられる形式にのみ変換します。

変換できない種別のペイロード形式の場合、エージェントはコンテンツではなく、ペイロードクラス種別の完全修飾名のみを渡します。

このドキュメントの情報は、Runtime Manager エージェントのバージョン Runtime Manager Agent 1.6.3 Release Notes 以降にのみ適用されます。以前のバージョンでは、すべての形式を変換しようとするため、エラーが発生する可能性があります。

デフォルトの変換動作

Runtime Manager エージェントは、以下の表の [文字列への変換] 列が TRUE の場合にのみペイロードメッセージを渡します。

拡張子 ドキュメントの種類 MIME タイプ 文字列への変換

.epub

電子出版物 (EPUB)

application/epub+zip

いいえ

.jar

Java アーカイブ (JAR)

application/java-archive

いいえ

.js

JavaScript (ECMAScript)

application/javascript

はい

.json

JSON 形式

application/json

はい

.doc

Microsoft Word

application/msword

いいえ

.arc

アーカイブドキュメント (複数のファイルが埋め込まれている)

application/octet-stream

いいえ

.bin

任意の種類のバイナリデータ

application/octet-stream

いいえ

.ogx

OGG

application/ogg

いいえ

.pdf

Adobe ポータブルドキュメント形式 (PDF)

application/pdf

いいえ

.rtf

リッチテキスト形式 (RTF)

application/rtf

はい

.azw

Amazon Kindle eBook 形式

application/vnd.amazon.ebook

いいえ

.mpkg

Apple インストーラパッケージ

application/vnd.apple.installer+xml

いいえ

.xul

XXUL

application/vnd.mozilla.xul+xml

はい

.xls

Microsoft Excel

application/vnd.ms-excel

いいえ

.ppt

Microsoft PowerPoint

application/vnd.ms-powerpoint

いいえ

.odp

OpenDocuemnt プレゼンテーションドキュメント

application/vnd.oasis.opendocument.presentation

いいえ

.ods

OpenDocuemnt スプレッドシートドキュメント

application/vnd.oasis.opendocument.spreadsheet

いいえ

.odt

OpenDocument テキストドキュメント

application/vnd.oasis.opendocument.text

いいえ

.vsd

Microsoft Visio

application/vnd.visio

いいえ

.7z

7-zip アーカイブ

application/x-7z-compressed

いいえ

.abw

AbiWord ドキュメント

application/x-abiword

いいえ

.bz

BZip アーカイブ

application/x-bzip

いいえ

.bz2

BZip2 アーカイブ

application/x-bzip2

いいえ

.csh

C シェルスクリプト

application/x-csh

はい

.rar

RAR アーカイブ

application/x-rar-compressed

いいえ

.sh

Bourne シェルスクリプト

application/x-sh

はい

.swf

Small web format (SWF) または Adobe Flash ドキュメント

application/x-shockwave-flash

いいえ

.tar

テープアーカイブ (TAR)

application/x-tar

いいえ

.xhtml

XHTML

application/xhtml+xml

はい

.xml

XML

application/xm

l TRUE

.zip

ZIP アーカイブ

application/zip

いいえ

.aac

AAC オーディオファイル

audio/aac

いいえ

.mid .midi

電子楽器デジタルインターフェース (MIDI)

audio/midi

いいえ

.oga

OGG オーディオ

audio/ogg

いいえ

.weba

WEBM オーディオ

audio/webm

いいえ

.wav

Waveform オーディオ形式

audio/x-wav

いいえ

.ttf

TrueType フォント

font/ttf

いいえ

.woff

Web オープンフォント形式 (WOFF)

font/woff

いいえ

.woff2

Web オープンフォント形式 (WOFF)

font/woff2

いいえ

.gif

グラフィックスインターチェンジ形式 (GIF)

image/gif

いいえ

.jpeg .jpg

JPEG 画像

image/jpeg

いいえ

.svg

スケーラブルベクターグラフィックス (SVG)

image/svg+xml

はい

.tif

.tiff タグ付き画像ファイル形式 (TIFF)

image/tiff

いいえ

.webp

WEBP 画像

image/webp

いいえ

.ico

アイコン形式

image/x-icon

いいえ

.ics

iCalendar 形式

text/calendar

はい

.css

カスケードスタイルシート (CSS)

text/css

はい

.csv

カンマ区切り値 (CSV)

text/csv

はい

.htm

.html ハイパーテキストマークアップ言語 (HTML)

text/html

はい

.txt

プレーンテキスト

text/plain

はい

.3gp

3GPP オーディオ/ビデオコンテナ

video/3gpp audio/3gpp (ビデオが含まれていない場合)

いいえ

.3g2

3GPP2 オーディオ/ビデオコンテナ

video/3gpp2 audio/3gpp2 (ビデオが含まれていない場合)

いいえ

.mpeg

MPEG ビデオ

video/mpeg

いいえ

.ogv

OGG ビデオ

video/ogg

いいえ

.webm

WEBM ビデオ

video/webm

いいえ

.avi

AVI: オーディオビデオインターリーブ

video/x-msvideo

いいえ

Multipart

multipart/mixed、multipart/alternative、multipart/digest、multipart/parallel

いいえ

変換動作のカスタマイズ

デフォルトの動作を上書きして、エージェントがすべてのペイロード形式を転送できるようにしたり、どのペイロード形式も転送できないようにしたりできます。これを行うには、特定のプロパティを conf/mule-agent.yml ファイルに追加します。

外部ログから特定の形式を強制的に除外できます。これは、特定のデータ種別の剥奪に関するセキュリティ上の懸念などに起因します。

特定のアプリケーションで強制的に除外する:
    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        trackedApplications:
            - appName: someApp
              trackingLevel: DEBUG
              payloadExcluded: true
グローバルに強制的に除外する:
    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        globalPayloadExclusion: true

また、変換できないと考えられる形式を強制的に変換および転送することもできます。

これを行うと、ペイロードが破損する危険があります。
特定のアプリケーションで強制的に含める:
    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        trackedApplications:
            - appName: someApp
              trackingLevel: DEBUG
              forcePayloadInclusion: true
グローバルに強制的に含める:
    mule.agent.tracking.service:
        globalTrackingLevel: DEBUG
        enabled: true
        forceGlobalPayloadInclusion: true

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub