サーバ、API ゲートウェイ、サーバグループ、クラスタに関する情報の表示 (ハイブリッド)

Runtime Manager の [Servers (サーバ)] タブでは、環境内に作成されたサーバ、サーバグループ、クラスタのリストを参照できます。このタブから、これらのコンポーネントに関連するアクションを実行することもできます。

AMC_Servers
Pivotal Cloud Foundry (PCF) を使用して作成された仮想サーバはこのタブに表示されません。
  1. Anypoint Platform から [Runtime Manager] を選択します。

  2. [Servers (サーバ)] タブをクリックします。

    Runtime Manager には次の情報を含むテーブルが表示されます。

    Name (名前)

    サーバ、API ゲートウェイ、サーバグループ、またはクラスタの名前を表示します。

    Status (状況)

    現在の状況を表示します。可能な値:

    [Created (作成済み)]: コンポーネントが Runtime Manager に登録されたが、開始されていないことを示す。

    [Connected (接続済み)]: Runtime Manager がそのコンポーネントの Runtime Manager エージェントと接続可能であることを示す。

    [Disconnected (切断済み)]: コンポーネントが Runtime Manager に登録されたが、シャットダウンされたことを示します。

    [Running (実行中)]: コンポーネントが実行中で、アプリケーションのデプロイを含め、アクションを実行できることを示す。

    [Empty (空)]: サーバグループまたはクラスタにサーバが含まれていないことを示す。

    コンポーネントがサーバ、API ゲートウェイ、サーバグループ、またはクラスタなのかを表示します。

    バージョン

    API ゲートウェイまたは Mule のバージョンを表示します。サーバグループとクラスタの場合、値は表示されません。

  3. コンポーネントの名前をクリックしてそのダッシュボードを表示します。

  4. コンポーネント名の横の行をクリックしてそのコンポーネントの他のプロパティとアクションを表示します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub