Runtime Manager エージェント API

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo pcf disabled

大半のユースケースの場合、必要なのは、「Runtime Manager エージェントのインストールと設定」の手順に従い、Runtime Manager エージェントをインストールし、設定することだけです。

Runtime Manager とオンプレミスのランタイム間の通信を管理する以外に Runtime Manager エージェントを使用するには、次のセクションのドキュメントを参照してください。

これらのトピックは、About Mule Management Consoleとは関係がありません。これらのトピックは、ローカルランタイムで Runtime Manager と通信する Runtime Manager エージェントに関するものです。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub