Runtime Manager エージェント API

logo cloud disabled logo hybrid active logo server active logo rtf disabled

Runtime Manager エージェント API により、REST API を使用してオンプレミスの Mule Runtime Engine を直接管理できます。

大半のユースケースでは、Runtime Manager エージェントのみをインストールして設定する必要があります。 Runtime Manager とオンプレミスの Mule インスタンス間の通信を管理する以外に Runtime Manager エージェントを使用するには、Runtime Manager エージェント API を使用します。

Runtime Manager エージェントの REST API を使用すると、次のエージェント機能にプログラムでアクセスできます。

  • Mule アプリケーションのデプロイ。

  • Mule ドメインのデプロイ。

  • Mule サーバクラスタの作成。

  • JMX beans の監視。

  • システムプロパティの設定。

  • ログレベルの設定。

  • 次のような Mule エージェントプラグインの設定:

    • イベント追跡

    • Splunk の統合

    • ELK の統合

API によってサポートされるすべての操作の対話型リファレンスは、Exchange の 「Runtime Manager エージェント API」​を参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!