Runtime Fabric でのアラートの設定

Runtime Fabric では、既存の SMTP サーバを介してアラートを送信できます。Runtime Fabric には、システムの健全性が低下したときに通知を送信するアラート機能があります。

手順

  1. ターミナルを使用して、コントローラ VM へのシェル/SSH 接続を開きます。

  2. 次の内容が含まれる alert-smtp.yaml という名前のファイルを作成します。

    kind: smtp
    version: v2
    metadata:
      name: smtp
    spec:
      host: <smtp host>
      port: <smtp port>
      username: <username>
      password: <password>
    ---
    kind: alerttarget
    version: v2
    metadata:
      name: email-alerts
    spec:
      email: <email>
  3. 環境に固有の次の値を使用して、alert-smtp.yaml のコンテンツを変更します。

    Key (キー) 説明

    smtp.host

    SMTP サーバのエンドポイント。

    <smtp port>

    SMTP サーバに接続するために使用されるポート。(デフォルトは 465)。

    <username>

    SMTP サーバに接続するときに使用するユーザ名。

    <password>

    SMTP サーバに接続するときに使用するパスワード。

    <email>

    受信者のメールアドレス。

  4. コントローラ VM で次のコマンドを実行します。

$ gravity resource create -f alert-smtp.yaml

これで、アラートは STMP サーバを介して送信するように設定されます。

組み込みアラート

次の表は、Anypoint Runtime Fabric によって提供されるデフォルトのアラートのいくつかを示しています。

アラート 説明

高い CPU 使用量

使用量が 75% を超えたときに警告を送信します。使用量が 90% を超えたときに重大なエラーをトリガします。

高いメモリ使用量

使用量が 80% を超えたときに警告を送信します。使用量が 90% を超えたときに重大なエラーをトリガします。

高いディスク領域使用量

使用量が 80% を超えたときに警告を送信します。使用量が 90% を超えたときに重大なエラーをトリガします。

高い inode 使用量

使用量が 90% を超えたときに警告を送信します。使用量が 95% を超えたときに重大なエラーをトリガします。

etcd インスタンスの健全性

etcd マスタが 5 分以上アクセスできない場合にエラーを送信します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub