エンドユーザ向けの接続アプリケーション

エンドユーザは、Anypoint Platform ログイン情報を使用したサードパーティアプリケーションへの API アクセスとログインを委任できます。 次のメッセージが表示されているときに、自分のアカウントへのアクセスを認証できます。

アプリケーションがデータを使用することを認証する前にユーザに表示されるインターフェース
Figure 1. エンドユーザは ​[Authorize App (アプリケーションを認証)]​ インターフェースを使用して、データへのアクセスを要求している組織、およびデータの使用方法を確認できます。エンドユーザが ​[Grant Access (アクセス権の付与)]​ をクリックすると、アプリケーションが ​[Authorize App (アプリケーションを認証)]​ インターフェースで示されたデータにアクセスすることが認証されます。

エンドユーザは、自分のプロファイル設定で認証したサードパーティアプリケーションを管理できます。右上にあるプロファイルアイコンをクリックして ​[Profile (プロファイル)]​ を選択すると、プロファイルで認証済みのアプリケーションが表示されます。. 次のスクリーンショットは、認証済み接続アプリケーションがユーザのプロファイルページ内でどのように表示されるかを示しています。

認証済み接続アプリケーションとそのスコープを含むユーザのプロファイル
Figure 2. ​[Application Name (アプリケーション名)]​ 列には、ユーザがデータを共有しているアプリケーションの名前がリストされます。​[Scopes (スコープ)]​ 列には、接続アプリケーションが持つ権限に加えて、アプリケーションに付与されたトークンがリストされます。

組織のシステム管理者がアプリケーションをブラックリストに登録した場合、エンドユーザはアプリケーションが情報にアクセスすることを認証できません。

ほとんどのアプリケーションはサードパーティによって開発されているため、MuleSoft はアプリケーションがアクセスを要求しているデータをどのように使用するかについて責任を負いません。アプリケーションに関するご質問またはご不明な点がある場合は、開発者情報リンクに移動し、アプリケーション管理者にお問い合わせください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!