接続アプリケーション

接続アプリケーション機能は、OAuth 2.0 と OpenID Connect を介した API​ を使用して、外部アプリケーションを Anypoint Platform と統合できるフレームワークを提供します。 接続アプリケーションは、機密情報を共有したりサードパーティにアカウントの完全な制御権を付与したりすることなく、ユーザが自分のアクセスを委任するのに役立ちます。 接続アプリケーションによって実行されたアクションは監査され、ユーザはいつでもアクセスを取り消すことができます。 現在一部の製品では、このリリースの接続アプリケーション機能にクライアント ID が含まれていないことに注意してください。 接続アプリケーション機能を使用すると、セキュアな認証プロトコルを使用してユーザデータへのアプリケーションのアクセスを制御できます。さらに、エンドユーザはアプリケーションが Anypoint Platform データにアクセスすることを認証できます。

認証

Anypoint Platform は、アプリケーションが Anypoint Platform 内のデータにアクセスすることを認証する OAuth 2.0 と OpenID Connect をサポートしています。 OAuth (Open Authorization) は、簡潔で標準化された方法によるアプリケーションからのセキュアな API 認証を提供するオープンプロトコルです。 OAuth では、ユーザのログイン情報をアプリケーションに公開することなく、リソースへのアクセスを許可できます。 OpenID Connect はエンドユーザを識別し、OAuth 2.0 接続アプリケーションに渡す情報を取得します。

詳細は、​「OAuth 2.0」​または​「OpenID Connect」​を参照してください。

アクセスおよび認証

接続アプリケーション機能を使用して、エンドユーザ用のシームレスな認証環境を作成できます。接続アプリケーションは、次のユーザ種別のユースケースに対応します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!