クライアント管理について

このトピックでは、Anypoint Platform でのクライアント管理の概要を説明します。API 所有者は、API にアクセスしようとするクライアントアプリケーションを認証するために OAuth 2.0 ポリシーを適用できます。OAuth 2.0 ポリシーを使用するには OAuth プロバイダが必要です。次のいずれかの OAuth プロバイダをお勧めします。

  • OpenAM バージョン: 14

  • PingFederate バージョン: 6 - 8

  • 動的クライアント登録に対応した ID プロバイダ

    このプロバイダは、エラータセット 1 を含む OpenID Connect Client Registration 1.0 に準拠する必要があります。

これらのプロバイダ用に Anypoint Platform でクライアント管理を設定するには、最初に IdP アカウントが必要です。Private Cloud Edition を除くすべてのバージョンの Anypoint Platform では、このドキュメントの手順に従ってクライアント管理を設定してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub