環境

Anypoint Platform を使用すれば、API およびアプリケーションの個別のデプロイ環境を作成して管理できます。 これらの環境は互いに独立しており、本番環境と同じ条件でアプリケーションをテストできます。

環境の種別

Anypoint Platform は次の種別の環境をサポートしています。

  • Production environment (本番環境)​: アプリケーションおよび API を一般にデプロイできる本番環境を提供します。

  • Sandbox environment (Sandbox 環境)​: 開発およびテストに便利な環境を提供します。デフォルトで、Anypoint Platform アカウントは 1 つの Sandbox 環境を含めて作成され、1 つの vCore が割り当てられます。

    Sandbox 環境により、本番環境に影響を与えずにアプリケーションを安全にテストできます。たとえば、QA チームのために Sandbox 環境を作成し、新しいアプリケーションの新規リリースを本番環境でデプロイする前にテストすることができます。本番環境へのアクセスを許可せずに、ユーザを Sandbox 環境に追加できます。これは、本番環境を保護し、開発者が意図せず本番環境のアプリケーションを変更するリスクをなくすのに役立ちます。アプリケーションをユーザに公開しても安全であると確認できたら、簡単にアプリケーションを Sandbox 環境から本番環境に昇格できます。

  • Design environment (デザイン環境)​: アプリケーションをデザイン時にテストして実行できます。この環境は、Design Center アプリケーションで使用されます。デフォルトで、新しい Anypoint Platform アカウントには 1 つのデザイン環境が含まれ、1 つの vCore が割り当てられます。Design Center からデプロイされたアプリケーションのみがこの環境を対象にできます。Runtime Manager を使用して、デザイン環境に登録されたランタイムにアプリケーションをデプロイすることはできません。

環境へのユーザの追加

環境へのアクセス権を直接ユーザに付与することはできません。環境へのアクセス権をユーザに付与するには、ロール権限を使用します。詳細は、ロールへの権限の割り当て​について参照してください。

新しい環境の作成方法

新しい環境を作成したり、既存の環境を管理したりするには、次の手順を実行します。

  1. 組織のシステム管理者ロールを持つアカウントを使用して Anypoint Platform にログインします。

  2. [Access Management (アクセス管理)] に移動します。

  3. 左側のメニューで、[Environments (環境)]​ をクリックします。

  4. [Add Environment (環境を追加)]​ をクリックします。

  5. 環境の名前を入力します。

  6. 環境種別を選択します。

  7. 環境用のクライアントプロバイダ​を最低 1 つ選択します。

  8. 複数のクライアントプロバイダを追加した場合、必要であれば、[Set as default (デフォルトとして設定)]​ をクリックしてデフォルトのクライアントプロバイダを選択します。デフォルトのクライアントプロバイダを選択しないと、最初に追加したクライアントプロバイダがデフォルトになります。

  9. [作成]​ をクリックします。

environments 85dc3
CloudHub のサブスクリプションに応じて、作成できる環境の数および種別に制限がある場合があります。

既存の環境を変更または削除する方法

  1. [Access Management (アクセス管理)] に移動します。

  2. 左側のメニューで、[Environments (環境)]​ をクリックします。

  3. 環境の名前をクリックします。次のいずれかのアクションを実行できます。

    • 環境を修正します。

      • 環境の新しい名前を入力します。

      • 最低 1 つのクライアントプロバイダを追加します。

      • 環境で複数のクライアントプロバイダを使用している場合は、デフォルトのクライアントプロバイダを選択します。

        [Update (更新)]​ をクリックして変更内容を保存します。

    • [Delete (削除)]​ をクリックして環境を削除する。

環境のクライアント ID およびクライアントシークレットを表示する方法

各環境には、認証に使用されるクライアント ID およびクライアントシークレットがあります。これらの値を使用して顧客がホストする Mule Runtime または従来の API ゲートウェイを設定し、プロキシまたは API を CloudHub にデプロイできるようにする必要があります。

環境のクライアント ID およびシークレットを表示するには、次の手順を実行します。

  1. システム管理者として Anypoint Platform にログインします。

  2. [Access Management (アクセス管理)] に移動します。

  3. 左側のメニューで、[Environments (環境)]​ をクリックします。

  4. クライアント ID/シークレットを表示する環境の名前をクリックします。

環境のクライアント ID またはクライアントシークレットを変更するには、カスタマーサポート担当者にお問い合わせください。

クライアントプロバイダを既存の環境に関連付ける

組織のシステム管理者が複数のクライアントプロバイダ​を用意している場合は、それらを既存の環境に追加できます。環境を作成したときにクライアントプロバイダを関連付けていないと、Anypoint Platform クライアントプロバイダがデフォルトのクライアントプロバイダとなります。

クライアントプロバイダを既存の環境に関連付ける手順は次のとおりです。

  1. 組織のシステム管理者ロールを持つアカウントを使用して Anypoint Platform にログインします。

  2. [Access Management (アクセス管理)] に移動します。

  3. 左側のメニューで、[Environments (環境)]​ をクリックします。

  4. 環境の名前をクリックします。

  5. [Client Provider (クライアントプロバイダ)]​ 項目で最低 1 つのクライアントプロバイダを選択します。

  6. 複数のクライアントプロバイダを追加した場合は、[Set as default (デフォルトとして設定)]​ をクリックしてデフォルトのクライアントプロバイダを選択します。

  7. [Update (更新)]​ をクリックします。

次は API 用のクライアントプロバイダを設定します。

環境からクライアントプロバイダを削除する

いつでも環境からクライアントプロバイダを削除できます。 複数のクライアントプロバイダが関連付けられている環境からデフォルトのクライアントプロバイダを削除すると、次のクライアントプロバイダが自動的に新しいデフォルトのクライアントプロバイダになります。 環境からすべての外部クライアントプロバイダを環境から削除すると、組み込み Anypoint Platform クライアントプロバイダがその環境のデフォルトクライアントプロバイダになります。

  1. [Access Management (アクセス管理)] に移動します。

  2. 左側のメニューで、[Environments (環境)]​ をクリックします。

  3. 環境の名前をクリックします。

  4. 削除するクライアントプロバイダ名の横にある [x]​ をクリックします。

  5. [Update (更新)]​ をクリックします。

クライアントプロバイダが削除されます。削除したクライアントプロバイダに関連付けられていたすべてのアセットや API は、新しいクライアントプロバイダに関連付けられるまで、元のクライアントプロバイダを使用し続けます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!