ユーザ

Anypoint Platform 組織内でユーザを管理するには組織のシステム管理者ロールを持っている必要があります。API バージョンのユーザ権限を管理するには、API バージョン所有者権限を持っている必要があります。

組織またはそのビジネスグループのシステム管理者は、ユーザの有効化、無効化、または削除を行うことができます。最初にユーザ名の横の画面右上で適切なビジネスグループが選択されていることを確認してから、その横にあるギアアイコンをクリックして左側のメニューで ​[Users (ユーザ)]​ リンクを選択し、このメニューにアクセスします。

ユーザの横にあるチェックボックスをオンにして、そのユーザに関連する追加のオプションを表示します。

  • Enable (有効化)​: 選択した組織/ビジネスグループでユーザを有効にします。

  • Disable (無効化)​: 選択した組織/ビジネスグループでユーザを無効にします。無効化すると、ユーザはログインできなくなります。

  • Delete (削除)​: 最上位の組織から削除すると、ユーザのロール/権限がすべて削除され、ユーザが未接続になります。ビジネスグループから削除すると、選択されたビジネスグループのみのユーザのロール/権限がすべて削除されます。

Anypoint Platform へのユーザの招待

この機能は Anypoint Platform Private Cloud Edition では使用できません。

Anypoint Platform Private Cloud Edition を実行している場合、サードパーティの IdP または LDAP を通じて SSO などのユーザ管理方法を設定する必要があります。

組織またはそのビジネスグループのシステム管理者は、​ アクセス管理 ​の [Administration (管理)] ページで新しいユーザを招待したり組織の既存のユーザを管理したりできます。このページには、​[Access Management (アクセス管理)]​ セクションの ​[Users (ユーザ)]​ オプションを選択してアクセスできます。

組織に新しいユーザを招待するには、次の手順を実行します。

  1. 左のナビゲーションバーで、​[Users (ユーザ)]​ をクリックします。

  2. [Invite user (ユーザを招待)]​ をクリックします。

  3. 組織に招待するユーザのメールアドレスをカンマ区切りリストとして入力します。

  4. 必要に応じて、これらのユーザを割り当てる 1 つまたは複数の​ロール​を選択します。

  5. [Send Invitation (招待を送信)]​ をクリックします。

招待したユーザには組織にサインアップするための招待メールが届きます。招待されたユーザは受信した招待メールのリンクを使用して組織に参加する必要があります。ユーザがリンクをクリックスルーすると、組織に一致する ​[Company (会社)]​ 項目が入力されたサインアップフォームが表示されます。

招待されたユーザには同じリソースのセットへのアクセス権が付与されます (持っているロールが異なり、表示または実行できる内容が制限される場合もあります)。

送信済みの招待の再送信またはキャンセル

[Pending Invites (保留中の招待)]​ をクリックすると、まだ受け入れられていない招待をすべて表示できます。管理する必要がある招待を選択して、​[Re-send Invite (招待を再送信)]​ または ​[Cancel Invite (招待をキャンセル)]​ をクリックします。

ユーザへの権限とロールの付与

ユーザ名をクリックすると、そのユーザに関するその他の情報にアクセスしたり、ロールと権限を追加したり、そのパスワードをリセットしたりすることができます。

users a3f39

デフォルトでは、新しい組織やビジネスグループごとに次の 3 つのオプションがあります。

  • Assign API Permissions (API 権限を割り当てる): アクセス権を付与する API の名前を記述してから、バージョンおよび権限を選択します。

  • Assign Runtime Manager Permissions (Runtime Manager 権限を割り当てる): アクセス権を付与する Runtime Manager 環境の名前を記述してから、権限を選択します。

  • Assign Roles (ロールを割り当てる): 付与するロールの名前を記述します。組織およびビジネスグループ内のデフォルトロールについての説明は、​「ロール」​セクションを参照してください。

ロールおよび権限は組織 (場合によってはビジネスグループ) でグループ化されます。つまり、選択している組織やビジネスグループに存在するリソースに関連したロールおよび権限しか割り当てることができません。

必要に応じて、ユーザ権限を削除することもできますが、割り当て済みのロールを通じてユーザに権限が付与されている場合、こうしたロールベースの権限をここで表示または削除することはできません。これらの操作は、​[Roles (ロール)]​ セクションで実行する必要があります。

公開 API の外部ユーザの管理

API Portal を公開にした場合、他のすべての Anypoint Platform 組織のユーザがクライアントアプリケーションを登録して API をコールできます。こうしたユーザが公開開発者ポータルにサインインすると、組織の外部にいるため、外部ユーザとみなされます。

ユーザが初めて Anypoint Platform にログインすると、自動的に ​[External Users (外部ユーザ)]​ タブに追加されます。[Access Management (アクセス管理)] の ​[External Users (外部ユーザ)]​ タブから、すべての外部ユーザのリストを表示できます。この画面からこれらの外部ユーザを個別に有効化または無効化することもできます。外部ユーザを無効にすると、公開ポータルにサインインできなくなります。

自分の組織に属していない外部ユーザは追加権限を持たないため、Anypoint Platform の他の部分でこれらの外部ユーザを検索することはできません。アプリケーションのデプロイなどのタスクを実行する権限をユーザに付与するには、組織に参加するようにユーザを招待する必要があります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub