BAT テストの実行

この手順では、ワークフローの前半で記述したテストを実行します。BAT CLI を使用して、一度に 1 つのテストを実行することも、bat.yaml でリストされたすべてのテストを実行することもできます。デフォルトでは、BAT はテスト結果に関する HTML および JSON レポートを生成します。

  1. bat.yaml があるディレクトリで bat コマンドを実行します。

    出力では、テストの結果とレポートの場所が表示されます。次に例を示します。

    bat
    BAT Version: 1.0.51
    #  File: ./tests/step.0.dwl
    
        api-mon
          ✓ GET http://apimon.cloudhub.io/users (295.45ms)
            ✓ 200 must equal 200
    #  File: ./tests/step.1.dwl
    
        api-mon
    
            gets a list of users
              ✓ GET http://apimon.cloudhub.io/users (239.88ms)
                ✓ 200 must equal 200
                ✓ "application/json" must equal "application/json"
    {
      kind: "Assertion",
      pass: true,
      name: "10 must equal 10",
      softFail: false,
      result: {
        kind: "Assertion::Equal",
        expectedValue: "10" as String {mimeType: "application/dw"},
        givenValue: "10" as String {mimeType: "application/dw"}
      }
    }
                ✓ 10 must equal 10
    #  Reporter: bat/Reporters/JSON.dwl >> /var/folders/w5/_cc_5_z12pq3qnymf3f0zh840000gq/T/bat_report_20180225145000.json
    #  Reporter: bat/Reporters/HTML.dwl >> /var/folders/w5/_cc_5_z12pq3qnymf3f0zh840000gq/T/bat_report_20180225145000.html
  2. 上記の出力の最後の行で示している HTML レポートを開きます。

    bat html report
  3. ナビゲーションペインの項目を展開してクリックし、ドリルダウンします。

    要求、応答、アサーション、応答の未加工データに関する詳細が表示されます。

    bat html report request

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub