ブラックボックス自動テスト (BAT) CLI を使用した API 機能監視

API 機能監視を使用して API に関するテストまたはテストのスイートを実行できます。API 機能監視は、ブラックボックス自動テスト (BAT) に基づいています。

API 機能監視を使用して、テストを自動化し、テストレポートを取得できます。テストは、リポジトリにプッシュする前、本番環境にデプロイする前に行うことができます。テストでは、API 機能を確認し、API から生成される結果を検証できます。ソフトウェア開発ライフサイクルの各フェーズと本番環境で API を監視できます。

API 機能のテストおよびスケジュールを実行するための前提条件は次のとおりです。

  • デプロイ済みの API。

    API は Anypoint Platform または独自のサーバにデプロイできます。

  • BAT のインストール。

  • YAML 設定ファイル (マニフェストファイル)。

  • 1 つ以上のテストファイル。

    • ファイルはコード、または IntelliJ などのテキストエディタを使用してビヘイビア駆動開発 (BDD) 構文で記述します。

    • ファイルは DataWeave で処理するために .dwl 拡張子を使用して保存します。

クラウドでスケジュール済みのテストを監視するための追加の前提条件は次のとおりです。

  • Anypoint Platform でのアカウント。

  • BAT でサポートされるレポートツール。

BAT プレイグラウンド

BAT プレイグラウンドとは、ビヘイビア駆動開発 (BDD) 構文について理解を深めるために使用できる Web アプリケーションです。プレイグラウンドでは、プレイグラウンドで用意されているテストまたは独自のテストを実行できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!