Flow Designer での Mule アプリケーションプロジェクトのログの表示

Mule アプリケーションプロジェクトのログを表示できます。ログは、アプリケーションをテストしたり、MuleSoft サポートと一緒にアプリケーションの動作に関する問題を特定したりする場合に役立ちます。

ログファイルには、2 つの主要なメッセージカテゴリがあります。

システムメッセージ

CloudHub から出力されるメッセージです。CloudHub がプロジェクトにワーカーを割り当て、そのプロジェクトでアプリケーションを開始する場合のメッセージ例は次のようになります。

17:36:19.894     03/12/2019     Deployment     system     SYSTEM
Deploying application to 1 workers in us-east-1 region(s).
17:36:20.415     03/12/2019     Deployment     system     SYSTEM
Provisioning CloudHub worker in region=us-east-1...
17:36:32.391     03/12/2019     Deployment     system     SYSTEM
Starting CloudHub worker at 54.172.105.253 ...
17:37:18.402     03/12/2019     Deployment     system     SYSTEM
Worker(54.172.105.253): Starting your application on mule=4.1.5...
17:37:21.147     03/12/2019     Deployment     system     SYSTEM
Worker(54.172.105.253): Your application has started successfully.
17:37:21.520     03/12/2019     Deployment     system     SYSTEM
Your application is started.
プロジェクトに割り当てられたワーカーから出力されるメッセージ

これらのメッセージは、ワーカーが実行する異なるタスクを示します。メッセージの例を示します。

17:37:18.814     03/12/2019     Worker-0     qtp630288493-49     INFO

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+ New app 'thisApp-firs'                    +
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
17:37:18.938     03/12/2019     Worker-0     qtp630288493-49     INFO

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+ Initializing app 'thisApp-firs'           +
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
17:37:18.947     03/12/2019     Worker-0     qtp630288493-49     INFO
The PersistentQueueManager is NOT configured. The normal VM queue manager will be used.
17:37:20.397     03/12/2019     Worker-0     qtp630288493-49     INFO
Registering extension ee (version: 4.1.5 vendor: MuleSoft, Inc. )
17:37:20.400     03/12/2019     Worker-0     qtp630288493-49     INFO
Registering extension mule (version: 4.1.5 vendor: MuleSoft, Inc. )
17:37:20.648     03/12/2019     Worker-0     qtp630288493-49     INFO
Initializing RegistryBroker

このログファイルには、プロジェクトのフローに追加した Logger カードからのメッセージも示されています。

手順

  • キャンバスの右下隅にある [Logs (ログ)] をクリックします。

    log view

結果

[Log (ログ)] ペインが展開されてログファイルが表示されます。

log file

次にすること

  • ログの行をコピーするには、左側にある [Copy (コピー)] オプションをクリックします。

  • ログファイルの内容を削除するには、[Logs (ログ)] 表示ラベルの右側にあるドットをクリックして、[Clear Logs (ログを消去)] を選択します。

  • ログファイルを Runtime Manager で表示するには、[Logs (ログ)] 表示ラベルの右側にあるドットをクリックして、[View in Runtime Manager (Runtime Manager で表示)] を選択します。

    Anypoint Platform で自分のプロファイルのデフォルト環境を指定していない場合は、指定するように要求されます。指定したら、フローデザインキャンバスに戻って [View in Runtime Manager (Runtime Manager で表示)] を再び選択します。

    Runtime Manager では、システムログのメッセージを、プロジェクトに割り当てたワーカーのメッセージとは別に表示できます。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub