MUnit カバー率レポートについて

MUnit カバー率機能では、一連の MUnit テストでどれぐらいの Mule アプリケーションが実行されたのかに関するメトリクスが提供されます。
これにより、アプリケーションの品質のメトリクスを得られます。

MUnit カバー率は、実行されるイベントプロセッサの数に基づいています。
MUnit カバー率では、次のメトリクスが提供されます。

  • アプリケーション全体のカバー率: 以下の項目の平均。

  • リソースカバー率: src/main/mule の各 Mule 設定ファイルを参照します。各リソースが MUnit カバー率で考慮されます。

  • フローカバー率: フロー、サブフロー、バッチジョブのいずれかのコンポーネントを参照します。

カバー率レポートは、EE Runtime でのみ実行されます。アプリケーションに Mule CE Runtime の ​requiredProduct​ がある場合、「​Coverage is a EE only feature and you’ve selected to run over CE (カバー率は EE 専用の機能ですが、CE で実行するように選択されています)​」というメッセージが表示されます。EE Runtime に対して実行するには、​「POM ファイルから MUnit Maven プラグインを設定する方法」​を参照してください。

JSON 形式のカバー率レポートのサンプルを次に示します。
以下のコードのコールアウトを使用して、レポートの各項目を理解してください。

{
 "coverage" : 75.0, (1)
 "requiredApplicationCoverage" : 40.0, (2)
 "requiredResourceCoverage" : 30.0,
 "requiredFlowCoverage" : 25.0,
 "flowCount" : 3, (3)
 "processorCount" : 4, (4)
 "coveredProcessorCount": 4 (5)
 "files" : [ {
   "name": "sample.xml",
   "flowCount" : 1, (6)
   "coverage" : 100.0, (7)
   "processorCount" : 2, (8)
   "weight" : 100.0, (9)
   "flows" : [ {
     "name" : "file1Flow1" (10)
     "type" : "FLOW", (11)
     "coverage" : 100.0, (12)
     "processorCount" : 2, (13)
     "coveredProcessorCount" : 2

   } ],
   "name" : "file1.xml" (14)
 }, {
   "coverage" : 50.0,
   "flowCount" : 2,
   "messageProcessorCount" : 2,
   "flows" : [ {
     "coverage" : 0.0,
     "messageProcessorCount" : 1,
     "name" : "file2Flow1"
   }, {
     "coverage" : 100.0,
     "messageProcessorCount" : 1,
     "name" : "file2Flow2"
   } ],
   "name" : "file2.xml"
 } ]
}
1 アプリケーション全体のカバー率。
2 アプリケーション、リソース、フローの必要なカバー率。ユーザが値を設定していない場合、デフォルトの -1 になります。
3 アプリケーションのフローの数。
4 アプリケーションのイベントプロセッサの数。
5 カバーされるイベントプロセッサの数。
6 そのファイルのフローの数。
7 そのファイルのカバー率。
8 そのファイルのイベントプロセッサの数。
9 アプリケーション全体のカバー率に対するそのファイルの貢献度。
10 フローの名前。
11 最上位要素の種別。
カバー率の最上位要素の他の種別は、エラーハンドラです。
12 そのフローのカバー率。
13 そのフローのイベントプロセッサの数。
14 そのファイルの名前。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub