Runtime Fabric にデプロイされたアプリケーションの監視

Runtime Fabric にデプロイされたアプリケーションと API ゲートウェイには、Anypoint Platform 内のメトリクスを表示できる Anypoint Monitoring のネイティブサポートが含まれます。

Anypoint Monitoring

Anypoint Monitoring​ には、アプリケーションネットワークの Mule Runtime Engine (Mule) フローとコンポーネントからのフィードバックを提供するツールがあります。Anypoint Runtime Fabric (Runtime Fabric) にデプロイされたアプリケーションと API ゲートウェイでは、Anypoint Monitoring はすべてのユーザに基本的なメトリクスを提供します。Titanium プランのユーザは、アプリケーションログの取得や検索などの追加機能にアクセスできます。

Anypoint Monitoring の有効化

デフォルトでは、Runtime Fabric は、アプリケーションメトリクスを Anypoint Monitoring に送信するように設定されています。Titanium プランのユーザにも、デフォルトで Anypoint Monitoring に自動的に送信されるアプリケーションログがあります。メトリクスとログを Anypoint Monitoring に送信するには、アウトバウンドネットワーク接続を使用できる必要があります。

アウトバウンドプロキシが必要な場合、「Runtime Fabric で使用されるプロキシの管理」​の手順に従って、SOCKS5 プロキシを使用するように Runtime Fabric を設定します。

アウトバウンドネットワーク接続を検証するには、Runtime Fabric の各ノードがポート 5044 を使用して次の場所にアウトバウンド TCP (Lumberjack) 通信を送信できることを確認します。

  1. US コントロールプレーン: ​dias-ingestor-nginx.prod.cloudhub.io

  2. EU コントロールプレーン: ​dias-ingestor-nginx.prod-eu.msap.io

アプリケーションの Anypoint Monitoring の無効化

Runtime Fabric にアプリケーションをデプロイすると、デフォルトで Anypoint Monitoring が有効になります。Anypoint Monitoring を無効にするには、アプリケーションをデプロイするときに次のカスタムプロパティを渡します。

anypoint.platform.config.analytics.agent.enabled=false
場合によって、複数の行を含むログが Anypoint Monitoring に完全に送信されないことがあります。これは、複数行のログ出力が Runtime Fabric 内の循環によって 2 つのファイルに分割された場合に発生する可能性があります。

メトリクス

各 Mule アプリケーションと API ゲートウェイのレプリカは、メトリクスデータを収集して Anypoint Monitoring に送信するメトリクスエージェントを実行します。各レプリカは最大 100 メガバイトのメトリクスをキャッシュできます。その後メトリクスデータを循環し、最新のデータのストレージを提供します。メトリクスを Anypoint Monitoring に送信できない場合、通常はレプリカごとに少なくとも 4 日分のストレージが提供されます。カスタムメトリクスの使用では、より多くのストレージがコンシュームされる場合があります。

ログ (Titanium)

各 Mule アプリケーションと API ゲートウェイのレプリカは、最大 450 メガバイトのログデータをディスクに保存できます。その後ログデータを循環し、最新のログデータのストレージを提供します。

Mule アプリケーションと API ゲートウェイの各レプリカによって生成されたログが収集され、それらが実行されているワーカーノードのディスクに書き込まれます。各ワーカーノードは 1 つのログ転送エージェントを実行します。そのエージェントがこの場所を監視し、ログデータを Anypoint Monitoring に送信します。

ログ転送エージェントは、1 秒あたり最大 300 キロバイトのログデータを送信できます。ワーカーノードごとにデプロイするレプリカは 50 個以内にしてください。

Anypoint Visualizer

Anypoint Visualizer​ には、アプリケーションネットワークグラフのさまざまな側面のビューが表示されます。 グラフを使用してアプリケーションネットワークを調査し、問題を特定して、決定を下すことができます。

  • デフォルトでは、アプリケーションを Mule Runtime 4.x にデプロイすると、Anypoint Visualizer は無効になります。 詳細は、「ヘッダー挿入の有効化」​を参照してください。

  • パフォーマンスへの影響のため、0.2 個未満の vCPU を使用するアプリケーションデプロイメントで Anypoint Visualizer を有効にすることはサポートされません。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!