Try を使用したエラーの処理 (Flow Designer)

エラーを起こしやすいフロー部分は Try 内に配置できます。Try 内のフロー部分でエラーが発生すると、Try はエラーをキャッチして修正を適用するか、または代替コードを実行します。エラーは種別によって異なる方法で処理できます。

Try 内にコネクタコンポーネントを配置した場合は、エラーの発生時の処理を制御でき、エラーメッセージの送信や修正の実行など、フロー内で実行できる処理であれば何でも指定できます。

  1. フローに Try を追加します。

    error handling task design center eff90
  2. Try 内で add to Try (Try に追加) をクリックします。

  3. コンポーネント (Database Insert 操作など) を追加して設定します。

  4. Type の値を設定します。値を入力するか、または Try 内のコンポーネントで発生しうるすべてのエラーのリストから選択します。

  5. エラー種別の右側にある add to Try (Try に追加) をクリックしてコンポーネントを追加します。これらのコンポーネントは、特定のエラーが発生した場合に実行されます。

エラー種別を追加する

  1. 既存の Try スコープ内で [Options (オプション)] をクリックします。

  2. 新しいエラー種別を追加するには、[Add Above (上に追加)] または [Add Below (下に追加)] をクリックします。

    try options

    エラー条件は上から下へと評価され、最初に一致した条件のみが考慮されます。エラー種別の ANY を追加する場合は、必ず最後に追加してください。

  3. Try にエラー種別とコンポーネントを追加します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub