Run Custom イベントプロセッサについて

Run Custom イベントプロセッサを使用すると、Mule イベントコンテンツをカスタムアサーションに対して確認できます。

たとえば、JAVA で次のアサーションを定義できます。

public class CustomAssertion implements MunitAssertion {

    @Override
    public void execute(TypedValue expression, Object params) throws AssertionError { (1)
        if (!"Hello World".equals(expression.getValue())) { (2)
            throw new AssertionError("Error the payload is incorrect");
        }
     }

}
1 インターフェースに 1 つのメソッドのみを実装します: ​public void execute(TypedValue expression, Object params) throws AssertionError
2 カスタムロジックを実行します。この場合は、メッセージのペイロードが ​Hello World​ であることを検証します。

次に、Run Custom イベントプロセッサを使用してこれを実行します。

<munit-tools:run-custom
  assertion="com.example.CustomAssertion" (1)
  expression="#[payload]"/>
1 アサーション項目にカスタムアサーションの正規クラス名が含まれている必要があります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub