Visualizer ビュー

​Visualizer エディタ​​は、各環境のチームメンバーがアクセスできる 1 つの情報源を提供する自動検出可能なビューを作成できます。

ビューには、保存された検索条件の選択内容が表示されます。

  • 選択された環境

  • 選択されたタグ

  • サービスのリストの選択されたノード

  • 選択された環境およびタグに一致するデプロイ済みの新しいサービス

  • [Show dependents and dependencies (連動と連動関係を表示)] オプションが選択されているのかどうか、サービスがデプロイされていて選択されたサービスに関連付けられているのかどうか

[View (ビュー)] カードのリストには、アクセス権のあるビューが表示されます (リストはドロップダウン矢印をクリックして表示)。これにより、使用可能なすべてのビューに簡単にアクセスできます。また、Visualizer にアクセスするたびに検索条件を再調整して関連するビューを取得する必要がなくなるため、時間を節約できます。

定義済みビュー

Visualizer エディタは、組織の各プロジェクトのアーキテクチャに合った一貫性のある高品質な情報源を提供するビューを作成できます。含まれる環境の権限を持つ Visualizer ユーザは、[View (ビュー)] カードのドロップダウンリストでこれらの自動検出可能なビューを表示できます。定義済みビューの作成、名前変更、編集を行うことができるのは、エディタのみです。

これらのビューにより、チームメンバーは担当する領域に固有のアプリケーションのトポロジビューを表示できます。動的ビューにより、チームメンバーはプロジェクトのトラブルシューティングをより迅速かつ簡単に行い、アーキテクチャの一貫性を高めることができます。

定義済みビューを作成する

定義済みビューを作成できるのは、​​「Visualizer Editor (Visualizer エディタ)」​​権限を持つユーザのみです。

  1. 上部のナビゲーションバーで、ビュー名の右側にあるドロップダウン矢印をクリックします。

  2. [+New (新規)] をクリックします。

  3. [New view (新規ビュー)] ダイアログで、[Name (名前)] にビューの名前を入力し、[Save (保存)] をクリックします。

  4. 含める環境、タグ、サービスを選択してビューを設定します。

  5. [Save (保存)] をクリックします。

ドロップダウンメニューから [Save as (別名で保存)] を選択して新規ビューを作成することもできます。これにより、現在の検索条件の選択内容の更新を新規ビューとして保存し、元のビューを保持できます。

ビューを保存すると、​​本番​​と ​​Sandbox​​ の両方の設定が保存されます。

ビューを保存すると、他のユーザがアクセスできるようになります。つまり、その環境のアプリケーションへのアクセス権を持つユーザのビューリストにビューが表示されます。

ビューを編集する

ユーザは、非公開ビューの検索条件を変更して保存できます。ただし、定義済みビューを編集できるのは、​​「Visualizer Editor (Visualizer エディタ)」​​権限を持つユーザのみです。

  1. 現在の検索条件に目的の変更を行います。
    [View (ビュー)] カードで [Save (保存)] をクリックするまで、ビュー名の横にアスタリスクが表示されます。

  2. [Save (保存)] をクリックします。

  3. (Visualizer エディタのみ) [Save as (別名で保存)] をクリックして、更新を新規ビューとして保存し、元のビューを保持します。

    visualizer save as new view

ビューの名前を変更する

ユーザは非公開ビューの名前を変更できますが、定義済みビューの名前を変更できるのは、​​「Visualizer Editor (Visualizer エディタ)」​​権限を持つユーザのみです。

  1. [Save (保存)] の横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[Rename (名前変更)] をクリックします。

    visualizer rename view
  2. [Rename view (ビュー名を変更)] ダイアログで、[Name (名前)] に新しい名前を入力し、[Save (保存)] をクリックします。

ビューの共有

新規ビューが作成されて保存されると、ビューの環境とアプリケーションへのアクセス権を持つユーザのビューリストに表示されるという意味では、定義済みビューは自動的に共有されます。

また、[Save (保存)] の横にあるドロップダウン矢印から [Copy Sharing URL (共有 URL をコピー)] をクリックし、ビューを共有するユーザに送信することもできます。

visualizer share view

ビューを削除する

ビューを削除できるのは、​​「Visualizer Editor (Visualizer エディタ)」​​権限を持つユーザのみです。

  1. [Save (保存)] の横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[Delete (削除)] を選択します。

  2. [Delete (削除)] を再度クリックします。

非公開ビュー

Visualizer に初めてアクセスすると、非公開ビューが表示されます。その後、Visualizer にアクセスするたびに、最後にアクセスしたビューに戻ります。非公開ビューには、定義済みビューが含まれており、アクセス権を持つプロジェクトの全体像を把握できます。 非公開ビューで、次の操作を実行できます。

  • どのアプリケーションを非公開ビューに含めるのかを編集して保存する

  • 非公開ビューの名前を変更する

  • 非公開ビューに行った変更を破棄する

  • 非公開ビューを PNG ファイルとしてエクスポートする

非公開ビューは削除できません。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub