Anypoint Visualizer でのタグの使用

API、アプリケーション、プロキシ、その他のサービスにタグを追加できます。レイヤと同様に、タグをノードに割り当てる方法は 2 つあります。プロパティを使用するか、Runtime Manager UI を使用します。

タグが割り当てられているアプリケーションは、そのタグが選択されている各ビューに表示されます。

プロパティを使用したタグの設定

ノードへのタグの追加を自動化するには、アプリケーションのプロパティファイル、またはデプロイメント時に Runtime Manager UI や API でプロパティ anypoint.platform.visualizer.tags=<name>, <name> を使用します。 これは、サーバプロパティではなくアプリケーションプロパティです。

このプロパティが使用されている場合、Visualizer の [View (ビュー)] カードにノードに割り当てられたタグが自動的に表示されます。タグは UI では上書きできず、プロパティでのみ変更できます。ただし、UI を使用してこのノードに他のタグを追加することはできます。すべてのタグは小文字で表示されます。

スタンドアロン Mule Runtime エンジンにデプロイされたアプリケーションの場合、ランタイムのプロパティを使用して設定されたタグ名に含めることができるのは英数字のみです。サポートされていない文字は _ で置き換えられます。

次の例では、タグ project-b はプロパティを使用して追加されたため、キャンバスで変更することはできません。

properties tags

UI を使用したタグの設定

デフォルトでは、Anypoint Visualizer を使用して最初にノードを表示したときに、タグは割り当てられていません。プロパティを使用して同じタグが適用されていない場合は、UI を使用して既存のノードにタグを割り当てることができます。

  1. タグに追加するアプリケーションノードを選択します。
    Shift キーを押しながら複数のノードを選択すると、一度に選択したすべてのノードにタグを適用できます。
    次の画像のように、ノードの [Customization (カスタマイズ)] セクションがノードのカードの [Details (詳細)] タブに表示されます。

    select node
  2. 次の画像のように、[Customization (カスタマイズ)] セクションで [+ Add tag (+ タグを追加)] をクリックします。

    add tag
  3. 適用するタグの名前を入力します。入力を始めると、既存のタグがドロップダウンリストに表示されます。
    次のいずれかを実行できます。

    • 既存のタグを選択する。

    • 新しいタグの名前を入力して [Create tag <your-tag> (タグ <your-tag> を作成)] をクリックする。

    • 新しいタグの名前を入力して Enter キーを押す。

      同じタグを複数回ノードに適用することはできません。すべてのタグは小文字に変換され、スペースを使用することはできません。
      create tag

      結果: ノードに追加したタグが [Customization (カスタマイズ)] セクションに表示されます。このタグで絞り込むと、サービスのリストにこのノードが含まれます。

タグの削除

Anypoint Visualizer からタグを削除できます。タグを削除しても、関連付けられたノードは削除されません。

anypoint.platform.visualizer.tags=<name> プロパティを使用して割り当てられたタグを削除するには、アプリケーションのプロパティファイルに戻り、anypoint.platform.visualizer.tags=<name> の割り当てを削除します。

UI で設定されたタグを削除する手順は、次のとおりです。

  1. 削除するタグがあるノードを選択します。

  2. [Customization (カスタマイズ)] セクションでタグを見つけ、削除するタグの [X] をクリックします。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub