スタンドアロン Mule のセットアップ

サポートされているスタンドアロン Mule バージョンの確認

Anypoint Visualizer は、スタンドアロン Mule デプロイメントで次の Mule バージョンをサポートしています。

  • Mule 3.8.7

  • Mule 3.9.x

  • Mule 4.1.x

  • Mule 4.2.x

エージェントのインストール

スタンドアロン Mule デプロイメントの Anypoint Visualizer をサポートするには、Anypoint Monitoring エージェント​をインストールします。

Anypoint Visualizer がポリシー視覚化に表示する API とポリシーは、エージェントを更新することで提供されます。そのため、Anypoint Visualizer は、デプロイメントで 2019 年 12 月 19 日以降にリリースされたエージェントが使用されている場合にのみポリシーを表示します。

ヘッダー挿入の有効化

Anypoint Visualizer では、スタンドアロン Mule デプロイメントで正しい接続を表示できるように、ヘッダー挿入が必要です。 ただし、パフォーマンスへの潜在的な影響を考慮して、2020 年 4 月 6 日より前にリリースされた Anypoint Monitoring エージェントを使用している Mule バージョン 4.xでは、ヘッダー挿入はデフォルトでは無効化されています。アプリケーションレベルではなくサーバレベルでヘッダー挿入を有効にする必要があります。 これは、サーバで実行されているすべてのアプリケーションに影響します。

  1. スタンドアロン Mule にデプロイされたアプリケーションでヘッダー挿入を有効化するには、Runtime Manager​ の左側のメニューで [Server (サーバ)]​ をクリックします。

  2. ヘッダー挿入を有効にするサーバを選択してから [Manage Server (サーバを管理)]​ をクリックします。

  3. [Properties (プロパティ)] タブをクリックして、サーバで次のプロパティを設定します。 anypoint.platform.config.analytics.agent.header_injection.disabled=false​ このプロパティはデフォルトで無効化されているため、ヘッダー挿入を有効にするには、例のようにプロパティを false​ に設定する必要があります。

また、Mule 4 アプリケーションでは、バージョン 1.5.12 以降の HTTP コネクタを使用する必要があります。

パフォーマンスとデータ収集の管理

Anypoint Visualizer でメタデータを収集するために使用されるエージェントは、パフォーマンスに影響することがあります。

データ収集とパフォーマンスの詳細は、「パフォーマンスとデータ収集の管理」​を参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!