Anypoint Visualizer でのレイヤの使用

ノードをレイヤに関連付ける場合、ネットワークのアプリケーションの視覚表現を作成します。 Anypoint Visualizer によって提供されるデフォルトのレイヤのいずれかを使用するか、カスタムレイヤを作成します。

アプリケーションは、アプリケーションが含まれる各ビューの割り当て済みレイヤに表示されます。

API、アプリケーション、またはプロキシのレイヤへの追加

アプリケーションのプロパティファイルでノードをレイヤにマップするか、Anypoint Visualizer UI を使用します。

プロパティを使用したレイヤの設定

レイヤへのノードの分類を自動化するには、アプリケーションのプロパティファイルで anypoint.platform.visualizer.layer=<name> プロパティを設定します。

これは、サーバプロパティではなくアプリケーションプロパティです。

このプロパティを使用する場合、ノードは自動的に指定したレイヤに表示されます。レイヤが存在しない場合は作成されます。

スタンドアロン Mule Runtime エンジンにデプロイされたアプリケーションの場合、ランタイムのプロパティを使用して設定されたレイヤ名に含めることができるのは英数字のみです。サポートされていない文字はアンダースコアで置き換えられます。
アプリケーションプロパティファイルを使用してノードをレイヤに割り当てた場合、Anypoint Visualizer UI を使用して再割り当てできません。

Anypoint Visualizer UI を使用したレイヤの設定

デプロイメント時に Runtime Manager UI または API を使用してノードをレイヤに割り当てていない場合、デフォルトでは、Anypoint Visualizer でレイヤにノードは割り当てられません。Anypoint Visualizer UI を使用して、次の作業を行います。

  • ノードを既存のレイヤに割り当てるか、プロパティで設定されたレイヤがノードにない場合は、割り当てられたレイヤを変更する。

  • 新規レイヤを作成する。

ノードにレイヤを割り当てる

  1. レイヤに追加するアプリケーションノードを選択します。
    Shift キーを押しながら複数のノードを選択すると、一度に選択したすべてのノードにレイヤを適用できます。

    結果: 次の画像のように、ノードの [Customization (カスタマイズ)] セクションがノードのカードの [Details (詳細)] タブに表示されます。

    ノードの選択
  2. 次の画像のように、[Customization (カスタマイズ)] セクションで [Layer (レイヤ)] の横にあるドロップダウンリストを展開します。

    レイヤの選択
  3. ドロップダウンリストから、目的のレイヤを選択します。

結果: 次の画像のように、選択したノードがレイヤ内に表示されます。

レイヤのノード

新規レイヤの作成

Anypoint Visualizer によって提供されるデフォルトのレイヤに加えて、アプリケーションネットワークのビューをカスタマイズするための新規レイヤを作成できます。

  1. 新規レイヤに追加するノードを選択します。

  2. [Customization (カスタマイズ)] セクションのドロップダウンリストから、[New Layer (新規レイヤ)] を選択します。

  3. ダイアログボックスにレイヤの名前を入力し、[Create Layer (レイヤを作成)] をクリックします。

結果: ノードが新規レイヤに表示されます。必要に応じて、新規レイヤにノードを追加できます。

レイヤの削除

レイヤにサービスが割り当てられていない場合、そのレイヤは Anypoint Visualizer によって自動的に削除されます。

  • レイヤがデフォルトのレイヤである場合、キャンバスには表示されませんが、ドロップダウンで使用できます。

  • レイヤがカスタムレイヤである場合、キャンバスにもドロップダウンにも表示されません。

Anypoint Visualizer によって自動的にネットワーク表示も調整されます。

レイヤの並び替え

Visualizer の表示中に、レイヤの右側にある矢印を使用して、他のレイヤに対してレイヤを上下に移動します。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub