自動ポリシー

自動ポリシーを使用すると、Anypoint Platform 管理者は、同一セットのポリシーをすべての API に自動的に適用し、セキュリティとログ記録の一般的な要件へのコンプライアンスを容易に満たすことができます。
API 所有者は、デプロイ先の環境に重要なポリシーが自動的に適用されることで一貫性が確実に維持され、可能性のあるエラーが減少することを認識しながら、デプロイを確信をもって行うことができます。システム管理者は、一般的な標準を適用するポリシーを手動で挿入することを覚えておく必要がなくなります。
ベストプラクティスがアプリケーションネットワークに組み込まれているため、API 所有者はセキュリティを犠牲にすることなく、API の設計、構築、デプロイを引き続き迅速に行うことができます。

すべての ​Mule 4 提供ポリシー​と任意の ​Mule 4 カスタムポリシー​を自動ポリシーとして設定でき、それらを、環境下で実行されているすべての API に適用するように設定できます。

自動ポリシーのサポート

  • 自動ポリシーは、MuleSoft でホストされるコントロールプレーンを使用する Mule 4 API でのみ使用できます。

  • 自動ポリシーはすべてのランタイムデプロイメント対象 (CloudHub、Runtime Fabric、およびハイブリッド) をサポートします。

  • 自動ポリシーは、特定の API プロキシに適用されている同じ種別のポリシーよりも優先されます。
    たとえば、Mule 4.1.2 を実行している API プロキシの IP ホワイトリストポリシーで IP 範囲 192.168.100.0/22 (192.168.100.0 ~ 192.168.103.255) のみが許可されている場合に、IP 範囲 192.168.100.14/24 (192.168.100.0 ~ 192.168.100.255) のみを許可する新しい IP ホワイトリスト自動ポリシーを作成し、サポートされるすべてのランタイムバージョン (4.1.1 以上) に適用すると、この後者の自動ポリシーが前者の提供ポリシーよりも優先されます。
    上記の例では、IP 範囲は自動ポリシーの適用時に変更されます。

    また、すでに適用されている自動ポリシーがある場合、その特定の種別のポリシーを、特定の API プロキシの提供ポリシーとして適用することはできません。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub