CloudHub

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo rtf disabled

CloudHub​ は、サービスとしてのインテグレーションプラットフォーム (iPaaS) であり、高度なクロスクラウドインテグレーションアプリケーションをクラウドにデプロイしたり、既存のデータソース上に新しい API を作成したり、オンプレミスアプリケーションをクラウドサービスと統合したりできます。

CloudHub のアプリケーションの作成

アプリケーション
その他のアプリケーションの例については、​「Anypoint Exchange」​を参照してください。

同じ Mule アプリケーションを CloudHub または​オンプレミスサーバ​にデプロイできます。環境間では機能の動作が若干異なるため、デプロイメント戦略を立てるときにはこの点を考慮する必要があります。​「デプロイメントオプション」​を参照してください。

CloudHub へのアプリケーションのデプロイ

デプロイ

アプリケーションを CloudHub にデプロイする方法について説明します。

高い拡張性

CloudHub は拡張性の高いクラウドで、オンデマンドでスケールできます。小さく始めて、拡張が必要なときにアプリケーションの変更やダウンタイムなしでスケールアップできます。CloudHub は、インテグレーションアプリケーションを構築したり、REST API や Web サービスをパブリッシュしたりできる拡張性の高いアーキテクチャを提供します。

Anypoint Studio とのインテグレーション

Anypoint Studio (Studio)​ を使用すれば、数回クリックするだけで、インテグレーションアプリケーションを構築して CloudHub にデプロイできます。 プラットフォームを介してデプロイされた他のアプリケーションと同様に、Anypoint Platform に サインイン​して Runtime Manager に移動することでアクセスできます。 「Studio からのアプリケーションのデプロイ」​を参照してください。

クラウドアプリケーションとエンタープライズアプリケーションのインテグレーション

CloudHub ​Anypoint Virtual Private Cloud (Anypoint VPC)​ では、IPsec VPN トンネル、Anypoint VPC ピアリング、トランジットゲートウェイ、または AWS Direct Connect を介してオンプレミスアプリケーションへのセキュアなパイプを作成できます。

CloudHub API

タスクを自動化したり、CloudHub に自動的にデプロイしたりするには、 CloudHub API​ を使用します。これにより、アプリケーションの管理、監視、スケーリングなどのタスクを実行できます。

アプリケーションの管理

管理

現在 CloudHub で実行されているアプリケーションを管理する方法について説明します。

Runtime Manager でのアプリケーションの管理

アプリケーションのあらゆる側面をすべて 1 か所で​管理​および​監視​できる直感的なクラウドコンソールの ​Runtime Manager​ を介して CloudHub のアプリケーションを維持管理します。

US プラットフォームの status.mulesoft.com​ では、Runtime Manager コンソール、プラットフォームサービス、CloudHub ワーカークラウドのライブ状況と詳細なサービス履歴を表示できます。 EU プラットフォームの場合は eu1-status.mulesoft.com​ を参照してください。

アプリケーションの監視

監視

Runtime Manager では、さまざまなツールを介して問題の選別、ログの表示、アラートのセットアップ、ダッシュボードの表示などを行うことができます。Runtime Manager で実行中のアプリケーションを監視するさまざまな方法の概要については、​「アプリケーションの監視」​を参照してください。

制限事項

CloudHub にデプロイする場合は、次の制限事項に留意してください。

  • CloudHub は、1 時間に送信されるメールが 20 通を超えると、アウトバウンド SMTP トラフィックをブロックします。

  • 外部 ID が設定されていると、Flow Designer からの CloudHub デプロイメントが失敗します。