CloudHub のアプリケーションの開発

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo rtf disabled

CloudHub にデプロイするアプリケーションを開発する場合、次の考慮事項を確認してください。

HTTP/HTTPS ホストの指定

HTTP 用 Anypoint コネクタ (HTTP コネクタ) を使用する場合、CloudHub 設定でホストアドレスを ​0.0.0.0​ として定義します。 CloudHub は、アプリケーションドメイン URL からの要求をエンドポイントに転送します。 複数のワーカーをデプロイした場合は、受信トラフィックはワーカーに自動的に負荷分散されます。 アプリケーションが拡張されると、ワークロードは自動的にワーカーの間で分散されます。

外部 HTTP/HTTPS ポートの指定

メッセージの受信、イベントのトリガ、Web サービスやユーザインターフェースの公開のために外部からアクセス可能な HTTP ポートまたは HTTPS ポートがアプリケーションに必要な場合は、予約されているプロパティの ​${http.port}​ または ​${https.port}​ を使用して HTTP リスナポートを宣言します。CloudHub では、ポート ​${http.port}​ または ​${https.port}​ がプラットフォームサービスによって自動的に割り当てられます。アプリケーションドメインの URL へのポート 80 のトラフィックは、​${http.port}​ に転送され、ポート 443 のトラフィックは ​${https.port}​ に転送されます。

このポートでの複数の CloudHub サービスへのルーティングをサポートするには、公開されている URL 上でそれぞれに一意のパスを設定する必要があります。例:

http://0.0.0.0:${http.port}/service/path/one
http://0.0.0.0:${http.port}/service/path/two

デプロイメントオプションの柔軟性

同じ Mule アプリケーションを異なるデプロイメント対象 (オンプレミスサーバや CloudHub など) にデプロイするには、​「Mule アプリケーションのデプロイ」​を参照してください。

デプロイメント環境の主な違いについては、​「デプロイメントオプション」​を参照してください。

アプリケーションの外部で各デプロイメントのプロパティと変数を定義し、アプリケーションからそれらを参照できます。 たとえば、変数 ​http.port​ や ​https.port​ にローカル値を定義できます。 詳細は、​「プロパティの設定」​を参照してください。

Runtime Manager または Anypoint Platform コマンドラインインターフェースを使用して、これらのプロパティ変数を設定することもできます。

ログの設定

CloudHub ログサービスは、アプリケーションのすべてのログメッセージをキャプチャします。 Runtime Manager コンソールの ​[Logging (ログ)]​ タブでログを表示できます。 診断や監査のためにログ内で追加情報を公開するには、​Logger コンポーネント​を使用します。

CloudHub では、アプリケーションを削除すると、コンソールからログデータにアクセスできなくなります。CloudHub では、古いログデータはパージされる前に一定期間アーカイブされるため、必要に応じてデータを復元できます。 詳細は、 MuleSoft ヘルプセンター​でサポートケースを開いてください。

サードパーティライブラリのパッケージ化

CloudHub には、さまざまなプロトコルでの接続やさまざまなデータ形式の変換をサポートするための Anypoint Platform のサービスがあります。 すべての標準 Mule ライブラリは、アプリケーションに含まれていて、使用できます。 別のサードパーティライブラリを含める必要がある場合には、そのライブラリをアプリケーションの JAR ファイルにパッケージできます。 詳細は、​「Mule 4 の概要: アプリケーションのパッケージ化」​を参照してください。

ファイアウォールの内側のリソースへのアクセス

ファイアウォールの内側のリソースにアクセスする必要があるアプリケーションを開発するときには、Anypoint Virtual Private Cloud (Anypoint VPC) を設定して CloudHub ワーカーをホストし、アプリケーションにアクセスするための IPSec トンネルを設定します。

サードパーティ API およびサービスへのアクセス

MuleSoft には、Salesforce、NetSuite、Twitter など、多くのサードパーティアプリケーション用のコネクタが用意されています。 アプリケーションでコネクタを検索および使用する方法については、​「Anypoint コネクタの概要」​を参照してください。 また、Anypoint コネクタ DevKit を使用して、独自のコネクタを作成することもできます。

セキュアプロパティの使用

アプリケーションプロパティをセキュアとしてフラグ付けすると、その値は実行時にユーザに表示されず、サーバとコンソール間で渡されなくなります。 詳細は、​「アプリケーションプロパティの保護」​を参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!