専用ロードバランサでの証明書の検証

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo rtf disabled

SSL エンドポイントの CA 証明書を 1 つ以上指定すると、ロードバランサは以下の HTTP ヘッダーを使用してクライアント証明書データを API に渡します。

  • X-SSL-Client-Verify

    次のいずれかが返されます。

    • SUCCESS

      クライアントは ​SUCCESS​ が返された場合にのみ検証されます。

    • 証明書が存在しない場合は ​NONE​ が返されます。

    • 他の検証エラーが発生した場合は ​FAILED​ が返されます。

  • X-SSL-Client-DN

    クライアント証明書の完全な識別名が含まれます。

  • X-SSL-Issuer

    発行元証明書の完全な識別名が含まれます。

  • X-SSL-Client-Serial

    クライアントを識別するために CA で使用されるシリアル番号が含まれます。

失効リストの追加

CloudHub ロードバランサは、必要に応じて証明書失効リスト (CRL) に対してクライアント要求を検証できます。アップロードするには、暗号化されていない、PEM でエンコードされた 1 つのファイルにすべての CRL ファイルを連結する必要があります。CRL 内での項目の順序は重要ではありません。

失効リストを追加するには、ロードバランサの作成時に ​cloudhub load-balancer create​ コマンドで ​--crl​ オプションを使用します。

ロードバランサがすでに作成されている場合は、 CloudHub API​ を使用して CRL を追加または更新できます。この場合は、​PATCH​ 要求に ​revocationList​ 要素を追加して ​/organizations/{myOrgID}/vpcs/{myVpcID}/loadbalancers/{myDlbID}​ エンドポイントに送信します。

[
  {
    "op": "replace",
    "path": "/sslEndpoints/0/revocationList",
    "value": "-----BEGIN X509 CRL-----\nMIIBTTCBtwIBATANBgkqhkiG9w0BAQUFADBXMQswCQYDVQQGEwJBVTETMBEGA1UE\nCBMKU29tZS1TdGF0ZTEhMB8GA1UEChMYSW50ZXJuZXQgV2lkZ2l0cyBQdHkgTHRk\nMRAwDgYDVQQDEwdvcmcuY29tFw0xNjAzMTUwOTI2MThaFw0xODAzMTUwOTI2MTha\nMBwwGgIJAIBvvO4dJHjhFw0xNjAzMTUwODUwMTZaoA4wDDAKBgNVHRQEAwIBBjAN\nBgkqhkiG9w0BAQUFAAOBgQCCAbGXW+Hnzmd1bXqWsFXfogOsJScoxkJOhhmjui3I\nhTUyO5plGHUBLjBnDkypM+iLfn0W4wPcNj7FZdz4Hu/WLntxwrTtR5YOcfIhEGcq\nwvJq/1+WKUPC6eqGwx0iKOOBIWsaf5CNOOUQMo6RaeTeu8Uba2EGFk1Vu/SoZYAK\nsw==\n-----END X509 CRL-----\n"
  }
]

CLI から ​myVpcID​ と ​myDlbID​ の値を取得するには、それぞれ ​cloudhub vpc describe-json​ コマンドと ​cloudhub load-balancer describe-json​ コマンドを使用します。

他のプロパティを更新するには、​PATCH​ 要求をロードバランサエンドポイントに送信します。

証明書暗号化スイートを管理するための準備

CloudHub API で暗号化スイートを管理するためには、事前に以下を行う必要があります。

認証ベアラートークンの生成

Anypoint Platform 用の認証ベアラートークンを生成する手順は次のとおりです。

  1. Anypoint Platform のユーザ名とパスワードを API に送信します。

    curl -X POST 'https://anypoint.mulesoft.com/accounts/login' -H 'Content-Type: application/json' -d '{"username":"myUsername","password":"myPassword"}'

    このコマンドによりアクセストークンが返されます。

    {
      "access_token": "myAccessToken",
      "token_type": "bearer",
      "redirectUrl": "/home/"
    }
  2. API コールで使用する ​access_token​ の値をコピーします。

証明書暗号化スイートの管理

CloudHub API を使用すると、以下を行うことができます。

使用可能な暗号化スイートのリスト

CloudHub API を使用して組織で使用可能な暗号化スイートをリストする手順は、次のとおりです。

  1. 証明書暗号化スイートを管理するための準備​をします。

  2. 次の GET コールを実行します。

    curl https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/organizations/myOrgID/loadbalancers/ciphersuites -H 'Authorization: Bearer myAccessToken' | jq
    • myOrgID​ が組織 ID です。

    • myAccessToken​ は、生成したアクセストークンです。

出力には ​ciphers​ が含まれます。

{
  "data": [
      {
          "id": "5b4a36e1e65c892316abd4d1",
          "name": "NewDefault-v1",
          "ciphers": "ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA512:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA512:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384",
          "description": "Default ciphers (new version)-v1",
          "defaultSuite": true
      },
      {
          "id": "5b4a36e1e65c892316abd4d2",
          "name": "OldDefault",
          "ciphers": "ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES128-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA:AES256-GCM-SHA384:AES128-GCM-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA256:AES256-SHA:AES128-SHA:HIGH:!aNULL:!eNULL:!EXPORT:!DES:!MD5:!PSK:!RC4",
          "description": "Default ciphers (old version)",
          "defaultSuite": false
      },
      {
          "id": "5b4bfedee4b0f45ab1de6979",
          "name": "EcdheEcdsaRsa",
          "ciphers": "ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-SHA384",
          "description": "ECDHE ECDSA RSA ciphers",
          "defaultSuite": false
      },
      {
          "id": "5ba28106e4b00522d78f40b6",
          "name": "RestrictCiphers",
          "ciphers": "AES256-GCM-SHA384:AES128-GCM-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA256",
          "description": "Restricted Ciphers",
          "defaultSuite": false
      }
  ],
  "total": 4
}

推奨される暗号化スイート

次に示す推奨される暗号化スイートは、SSL エンドポイントの互換性とセキュリティのバランスが取れています。

ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA512
DHE-RSA-AES256-GCM-SHA512
ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384
DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384

ほとんどの暗号化スイートは、前方秘匿性を提供します。RC4-SHA (Internet Explorer 8 をサポート) は前方秘匿性を提供しません。 そのため、MuleSoft と Microsoft は RC4-SHA の使用を推奨していません。

CloudHub の専用ロードバランサでは、TLS 1.2 をサポートしています。 TLS 1.1 は無効になっており、デフォルトではサポートされていません。

TLS 1.0 を設定することもできますが、このプロトコルには重大な脆弱性があるため PCI コンプライアンスでは受け入れられません。

DLB のデフォルト暗号化スイートの表示

CloudHub API を使用して DLB のデフォルトの暗号化スイートを表示する手順は、次のとおりです。

  1. 証明書暗号化スイートを管理するための準備​をします。

  2. 次の GET コールを実行します。

    curl https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/organizations/myOrgID/vpcs/myVpcID/loadbalancers/myDlbID -H 'Authorization: Bearer myAccessToken' | jq

    コマンドでは:

    • myOrgID​ が組織 ID です。

    • myVpcID​ は VPC の ID です。

    • myDlbID​ は DLB の ID です。

    • myAccessToken​ は、生成したアクセストークンです。

出力には ​defaultCipherSuite​ が含まれます。

"defaultCipherSuite": "ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA512:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA512:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384"

デフォルトの暗号化スイートの置換による暗号化の循環

CloudHub API を使用して DLB のデフォルトの暗号化スイートを置換することで暗号化を循環する手順は、次のとおりです。

  1. 証明書暗号化スイートを管理するための準備​をします。

  2. 次の GET コールを実行します。

    curl -X PATCH
    https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/organizations/myOrgID/vpcs/myVpcID/loadbalancers/
    myDlbID  -H 'Authorization: Bearer myAccessToken'
    -H 'Content-Type: application/json'
    -d '[{"op":"replace", "path":"/defaultCipherSuiteName", "value":"NewDefault-v1"}]' | jq

    コマンドでは:

    • myOrgID​ が組織 ID です。

    • myVpcID​ は VPC の ID です。

    • myDlbID​ は DLB の ID です。

    • myAccessToken​ は、生成したアクセストークンです。

    • NewDefault​ は、​使用可能な暗号化スイートのリスト​で生成した使用可能な暗号化スイートのリストに含まれている暗号化スイートの ​name​ です。

この出力には ​defaultCipherSuite​ が含まれます。

"defaultCipherSuite": "ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA512:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA512:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384"

TLS 1.0 をサポートするようにデフォルトの暗号化スイートを変更する

TLS 1.0 をサポートするには、デフォルトの暗号化スイートを ​OldDefault​ に変更します。

  1. 証明書暗号化スイートを管理するための準備​をします。

  2. 現在のデフォルトの暗号化スイートを表示​します。

  3. デフォルトの暗号化スイートを変更します。

    curl -X PATCH https://anypoint.mulesoft.com/cloudhub/api/organizations/myOrgID/vpcs/myVpcID/loadbalancers/myDlbID  -H 'Authorization: Bearer myAccessToken' -H 'Content-Type: application/json' -d '[{"op":"replace", "path":"/defaultCipherSuiteName", "value":"OldDefault"}]' | jq

    コマンドでは:

    • myOrgID​ が組織 ID です。

    • myVpcID​ は VPC の ID です。

    • myDlbID​ は DLB の ID です。

    • myAccessToken​ は、生成したアクセストークンです。

    • OldDefault​ は TLS 1.0 をサポートする暗号化スイートの名前です。

  4. デフォルトの暗号化スイートを確認して、出力に次の行が含まれることを確認します。

    "defaultCipherSuite": "ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-RSA-AES128-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA:AES256-GCM-SHA384:AES128-GCM-SHA256:AES256-SHA256:AES128-SHA256:AES256-SHA:AES128-SHA:HIGH:!aNULL:!eNULL:!EXPORT:!DES:!MD5:!PSK:!RC4"

TLS 1.0 接続の確認

TLS 1.0 を有効にしたら、接続をテストします。

  • openssl

    DLB SSL エンドポイントに対して次のコマンドを実行します。

    openssl s_client -connect DNS of the SSL endpoint:443 -tls1

    • 出力に証明書情報と ​Secure Renegotiation IS supported​ というメッセージが含まれる場合、TLS 1.0 がサポートされています。

    • コマンドで ​write:errno=54​ が返された場合、TLS 1.0 はサポートされていません。

  • curl

    DLB SSL エンドポイントに対して次のコマンドを実行します。

    curl -vI --insecure --tlsv1.0 https://DNS of the SSL endpoint

    • バックエンドサーバまたは HTTP エラーコードから返された結果が表示される場合、TLS 1.0 がサポートされています。

    • コマンドで ​curl: (35) Server aborted the SSL handshake​ が返された場合、TLS 1.0 はサポートされていません。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!