ネットワークとの Anypoint VPC 接続の申請

ネットワークとの Anypoint Virtual Private Cloud (Anypoint VPC) 接続を申請する方法は、接続方法と Anypoint VPC の作成日によって異なります。

VPC 接続方法 方法

IPsec トンネル

IPsec トンネルを使用する接続方法は、VPC を最初にいつ設定したのかによって異なります。

VPC ピアリング

ネットワークへの VPC 接続の要求

CloudHub 直接接続

ネットワークへの VPC 接続の要求

2018 年 11 月以降の Anypoint VPC での VPC 接続の要求

2018 年 11 月以降の新しい Anypoint VPC の場合は、「Anypoint VPN」を参照してください。

2018 年 11 月以降に接続された Anypoint VPC に静的ルートを追加するには、​「Adding Additional Static Routes Using the API (API を使用した静的ルートの追加)」を参照してください。

2018 年 11 月以前の Anypoint VPC での VPC 接続の要求

VPN トンネル、ピアリング、または直接接続を使用して Anypoint VPC を内部ネットワークに接続する場合は、次を行う必要があります。

  1. Anypoint VPC 検出フォームをダウンロードします (MS Excel 2007 以降でマクロを有効にする必要があります)。

    既存の VPN を更新する場合、VPN が 2018 年 11 月以前に作成された場合にのみ、VPC 検出フォームが必要です。2018 年 11 月以降に作成されたすべての VPN では、「Anypoint VPN の作成」のセルフサービスステップに従ってください。
  2. 接続方法に関する必須の詳細情報を伝えるデータを入力します。複数のリージョンのサポートが必要な場合は、サポートが必要な地域ごとに検出フォームのコピーを 1 部提出します。

  3. 具体的な要件についてのご相談は、MuleSoft アカウント担当者にお問い合わせください。
    MuleSoft サポートチームがフォームを受信し、残りの質問に回答した後、安全にキーを交換し、ルータの設定方法についての指示が提供されます。

Anypoint VPC の設定の SLA は、記入した Anypoint VPC 検出フォームを返送しサポートによる承認を受けてから 5 営業日です。ただし、それより早く Anypoint VPC の設定が完了する場合があります。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub