VPC 接続方法

IPsec トンネル、VPC ピアリング、CloudHub 直接接続を使用して Anypoint Virtual Private Cloud (Anypoint VPC) をプライベートネットワークに接続できます。

IPsec トンネル

ネットワーク間設定で IPsec トンネルを使用して、オンプレミスのデータセンターを Anypoint VPC に接続することができます。IPsec VPN トンネルは、標準化されたセキュアな接続方法が提供されるので、VPC とオンプレミスの接続で一般に推奨されるソリューションです。この方法は、ルータやアプライアンスなどの既存の IT インフラストラクチャともうまく統合します。

CHVPC02

ネットワークとの Anypoint VPN 接続を作成するには、「Anypoint VPN」を参照してください。

VPC ピアリング

VPC ピアリングは、2 つの VPC 間の接続を提供します。この場合、プライベート Amazon VPC が Anypoint VPC と直接ペアリングされます。これにより、2 つの VPC 間でトラフィックを転送し、同じネットワーク内にあるのと同様の通信が可能になります。

CHVPC05

VPC ピアリングを使用するには、AWS VPC と Anypoint VPC が同じリージョンにある必要があります。

CloudHub 直接接続

この方法では、Amazon アカウントから Anypoint VPC への専用ネットワーク接続が確立されます。これにより、ホストされた仮想インターフェースを作成して Anypoint VPC にアタッチできます。

7dd0e

直接接続を使用するには、AWS 直接接続の場所と Anypoint VPC が同じリージョンにある必要があります。直接接続ゲートウェイはサポートされていません。 直接接続では、ボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) を使用した動的ルーティングが必要です。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!