メンテナンスおよびアップグレードポリシー

logo cloud active logo hybrid disabled logo server disabled logo pcf disabled

Runtime Manager コンソール、プラットフォームサービス、ワーカークラウド (「CloudHub アーキテクチャについて」参照) に対するすべてのメンテナンスは、 サブスクリプション契約で指定されたメンテナンス実施時間中に行われます。ただし、重要なセキュリティ問題は例外で、これらは直ちに修正されます。

MuleSoft のポリシーは、すべてのメンテナンスは透明性を持って実行し、ワーカークラウドで実行中のインテグレーションに可能な限りダウンタイムを発生させないというものです。コンソール、プラットフォームサービス、ワーカーのダウンタイムが避けられない場合は、MuleSoft はこれらのメンテナンス実施時間を少なくとも 8 時間前、通常は 7 日前にお知らせします。ただし、重要なセキュリティパッチは例外で、これらは直ちに修正されます。

Runtime Manager コンソール、CloudHub プラットフォームサービス、CloudHub ワーカークラウドのライブ状況と詳細なサービス履歴は、 status.mulesoft.com で参照できます。

バージョン設定ポリシーとサポートポリシーについては、​こちらを参照してください。

Was this article helpful?

💙 Thanks for your feedback!

Edit on GitHub